大豆ノタベタ蔵 ~ダイズノタベタゾウ


お好み焼 道とん堀 小平店@新小平
自分で作ろーーーーー


パソコンに写真が眠っていて…
アップするタイミングを逸したシリーズ。食べたものとして記憶メモ。


“お好み焼 道とん堀”

「鉄板コミュニケーション」!お好み焼き。
お好み焼のファミリーレストラン。



道とん堀@ビール

・生ビール



道とん堀@餃子

・餃子



道とん堀@豚

・スペシャル豚玉



道とん堀@キムチ天

・キムチ玉



道とん堀@トントロ

・トントロ焼き



道とん堀@やきそば

・焼きそば



自分で作り楽しみがココにはあります。近所にあればもっと行ってるな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お好み焼 道とん堀 小平店@新小平
(住所)東京都小平市小川町2-2069-1
(電話)042-347-1678
(営業時間)11:30-24:00
(営業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
Cafe レストラン ガスト@新小平
夏ガスト


“Cafe レストラン ガスト”

迷いに迷って結局コチラに。夏メニューを提供中とのこと。
そう言えば、夏にガストってよく来るなw偶然なんですが、何か呼ぶものがあるのかなw

「夏に大感謝祭」フェア。その中にある「Cafeごはん祭」のメニューからコチラを。



0810ガスト@カレー

・若鶏グリルと夏野菜のシンガポールカレー 754円。

少し見た目は寂しい感じがしますね…

若鶏のグリルの他に、トマト、パプリカ、オクラ、茄子、レモン。
他にはライス、カレーのルーにトマトソース。トマトソースはほのかにガーリック臭。

レモンを絞ってからトマトソースやカレールーをかけ、色んな具材と混ぜながらいただく。

カレーはココナッツミルクの風味が香るシンガポール風とのこと。
ココナッツのコクと甘味が口の中に広がります。フルーツからくる甘味も特徴的。

玉ねぎや人参もトロトロに溶け込んでいます。辛さはピリッと芯の通った辛味。
子供はもしかしたらダメくらいな辛さです。温めただけの提供だと思われるが
意外にも美味しく仕上がっております。

色んな食べ方を試しましたが、すべてを色々混ぜていただくと美味しいです。

結局、お腹を満たされる量ではなくてww追加オーダー。



0810ガスト@フレンチ

・フレンチトーストメニュー 646円。

メープルシロップをたっぷりかけて丁度いい甘さ。バターの香りがいい。
付け合わせはノーコメントで。厨房的には一番面倒な料理だろうねww

食べる順番が違うような気がしますがwこれでお腹いっぱいになりました。


今年も夏のガストを堪能しました。夏のカレーフェアと言えばロイヤルホストですが
大豆的には「夏ガスト」は定番です。カレーにフレンチwwご馳走様でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cafe レストラン ガスト 小平小川町店@新小平
(住所)東京都小平市小川町1-2227 レイクルイーズビル
(電話)042-348-6226
(営業時間)9:00-翌4:00
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
万豚記 小平店@新小平
濃い味ランチ


“万豚記”

ガッツリと濃い味中華が食べたくなってきました。

際コーポレーション系列店。場所は青梅街道沿い。最寄りの駅は新小平駅となります。
この辺りは学生が多いが、値段は割と高目なので賑わっている感じはないが
駐車場もあるので家族連れが結構多い。平日夜は、女性の一人客も多いです。

ランチはお得なセットがあるので、今回はソチラからいただきます。



0509万豚記@ランチメニュー

定食のセットに、ラーメンのセット、担々麺のセットが揃っています。

ご飯が食べたいので、定食のセットにしましょう。おかずは、レバニラ炒め、
豚肉とチンゲン菜の炒め、麻婆豆腐、揚げ鶏香味ダレ、豚キャベツ味噌炒めから選べます。



0509万豚記@麻婆

・家常菜セット 950円。

今回は大好物の麻婆豆腐で。おかずの他にはライス、スープ、漬物付。
セットには焼餃子も付いています。これでご飯がお替り自由なら最高だ。

麻婆豆腐は、豆鼓の旨味が効いた仕上がり。山椒感はないが、辛味はガッツリきいている。
油の多さと濃い味はさすが万豚記!これを望んできましたからね。

もう少し豆腐が入っているといいんだが…豆腐入り甘辛餡な感じがしちゃうw
それでもガッツリと食べている感は味わえていいですね。



0509万豚記@餃子

セットの焼餃子。ここの餃子は焼きがいつも甘いんですが今回はパリッと!
サクッとした歯触りに、ジューシー餡が口に広がります。やはり餃子は美味しいなぁ~



0509万豚記@担々麺

コチラは別注の担々麺。胡麻の量が凄い濃厚味。ドロッとした練り胡麻感が頼もしいw
もう少し麺にこだわりを持ってくれるといいんだが…低加水の細ストレート麺で食べたい。


濃い味をガッツリ堪能できました。カロリーを充分に摂取したのでこれから動こう!ww
いつ来ても「万豚記」の味はぶれてないから好きだ。今回もご馳走様でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
万豚記 小平店@新小平
(住所)東京都小平市小川町2-1133
(電話)042-341-8782
(営業時間)11:30-15:00(L.O.14:00)/17:30-23:00(L.O.22:30)(土日祝は通し営業)
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
十七代目 哲麺@小平
17麺哲@タンメン0922ニンニク強めだけど美味♪


“十七代目 哲麺”

“お好み焼き 道とん堀”のフランチャイズ展開店。
ついに六十代目に手が届きそうになってます。

場所は青梅街道と小平駅に向かう交差点。
500円の低価格でクリーム感たっぷりの豚骨ラーメンが
楽しめます。本当に近所にあったらなぁ~と思うお店。

いつもの豚骨ラーメンにしようかと思っていたら…
何やら見慣れない文字を発見。ついポチッと。

・野菜たっぷりタンメン 700円。

哲麺にしては高価格商品。オーダーが入ってから
店員さんがフライパンを煽ります。タンメンと言って
茹で野菜を堂々と入れてくるお店が多い中、
しっかりと煽れるのは感心しますねぇ~

ベースはいつものミルキー豚骨スープ。ニンニクが
丸ごとゴロっと炒めた後、煮込まれているのでかなり
ニンニクが効いています。ニンニクが苦手なあっしは
かなりガマンが必要となりますがwなかなか美味しい。

野菜の旨味がしっかりとスープに移っていい感じ。

麺はいつもの極細麺。当然、スープの絡みもいいです。
50円の替玉を頼もうと思っていたけど、野菜もたっぷり
で食べ応え充分。かなり楽しめたのでやめました。

ニンニクなしなら、またオーダーしたい一品ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
十七代目 哲麺@小平
(住所)東京都小平市仲町422
(電話)042-312-1277
(営業時間)11:00-26:00
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cafe レストラン ガスト 小平小川町店@新小平
四川風には程遠い…


“Cafe レストラン ガスト”

行く所に迷ってコチラに。便利と言えば便利ですが…
「ガスト」ってなぜか店内にいると落ち着かない。ザワザワしてるから不思議だ。

夏メニューにギリギリ間に合ったようなのでいただきましょう。



ガスト@スープ0907

ライスとのセットになっていたスープバー。
今回は、大なめこのスープ。大きいなめこにテンションがあがります。



ガスト@汁なし担々麺

・夏野菜の冷やしタンタン麺 628円

夏野菜感は今ひとつないですがwwS&Bのラー油と共に着丼です。
セットのライスは最後の楽しみに。ステンレスの器はキンキンに冷えている。
早速、しっかりと混ぜ合わせます。



ガスト@汁なし担々麺UP

麺は平打ちの太麺。いい言い方をすれば、ポクッとした素朴な食感です。
粉っぽさがコンビニ麺と同様。いやコンビニ麺の方が美味しい。

茹で上げて冷やした感じがまったくしないので冷凍解凍しな感じ。
いくらファミレスでもこれはない。バーミヤンはしっかりしているのに…

タレは四川風というが特に四川感はない。山椒を使えばいいと言うものでもない。
挽肉感は、かなりあって食べ応えはありますね。

一般的な味をサラッと表現した感じで、不味くはないけど、際立つ美味しさもない。
それはファミレスの宿命と言えばそうですが、落とし所って難しいですね。



ガスト@ライス投入

仕上げにライスを投入。これが一番美味しいね。挽肉とお米って本当に合う。
ここでかなりラー油も入れてみる。やはりグワッとした辛さがないと楽しくないね。


夏野菜と言うには寂しい感じだけど…この辺りの雰囲気が落とし所なんですかね?!
次回の秋メニューの告知も見た。これはこれで美味しそう!また機会があれば…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cafe レストラン ガスト 小平小川町店@新小平
(住所)東京都小平市小川町1-2227 レイクルイーズビル
(電話)042-348-6226
(営業時間)9:00-翌4:00
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
名物スタ丼のお店 小平支店@一橋学園
スタ丼の歴史


“名物スタ丼のお店 小平支店”

今回訪れたのは、スタ丼のお店。スタ丼と言えば、豚バラ肉をニンニクと共に濃い目の味付け
で焼き上げ、丼にしたもの。ここ数年チェーン展開して学生を中心に人気となっています。
それが“伝説のすた丼の店”と言われるお店です。

この「スタ丼」は元々、国立市のラーメン屋で出されていたメニュー。
その後、お店の店主から暖簾分けを許されたのが、国立西、国分寺、小平の3店舗でした。
しかし店主他界後、弟子のひとりが株式にしてチェーン展開。
それが“伝説のすた丼の店”系列となります。

今回訪れた小平店は、チェーン店系列とは違い「スタ丼」としては直系のお店となる。
噂では、暖簾分け1号店という話も。場所は、あかしあ通り沿い。
最寄りの駅は、一橋学園駅ですがそこそこ距離がありますね。

店構えの写真は撮ってないので、検索してもらうとしてwなかなか趣のある店構えです。

14時着で、先客5名とこんな立地でもしっかりお客さんが入ってます。
セルフの水を取って着席します。ランチタイムのお得なセットがある様子。



すた丼@ランチメニュー0906

どちらも魅力的なメニュー。ニンニクが苦手なので…って「スタ丼」の店に来るなって?!
それは確かにその通りww「スタ丼」→「しょうが丼」に変更して貰ってオーダーします。

・Dセット 750円。

スタ丼(並)+ミニらーめん(みそor塩or正油)+ミニサラダ。



すた丼@サラダ

ミニサラダはキャベツに貝割れ大根。ドレッシングが、かけられてからの提供。
コチラを食べながら出来上がりを待ちます。



すた丼@セット

・しょうが丼(並)
・ミニらーめん(正油)

テンションが上がるヴィジュアル。



すた丼@半ラーメン

半ラーメンと言ってもかなり量がある。トッピングはモヤシ、ネギ、海苔。
スープは、鶏ガラ系の旨味と程良い化調具合が特長。問題なくいただける。

中細縮れ麺は、心地良い吸い口が印象的。スープの絡みもなかなか。
しょうが丼に大盛りスープが付いてるくらいかと思ってましたが、しっかり「ラーメン」です。



すた丼@生姜丼

しょうが丼は、ご飯が多目。これはご飯喰いとしては嬉しいですね。

豚バラ肉は、サッと油通ししてからタレと絡めてあるので、濃い目の味付けながら
割とサッパリといただける。しょうがの風味もしっかりと効いていて美味しい。

こういうガッツリ丼系は、キレのある味付けじゃないと成り立ちませんからね。


確かにチェーン展開しているお店と味が違う。豚バラ肉の雰囲気も違う。
もしかしたら冷凍肉じゃないかもしれません。その位、肉が美味しく感じます。

やはり直系は美味しいね。場所柄、なかなか行くことはないけどまた食べたい。
今度は大盛り系のチャレンジメニューにしてみるかな?!wwご馳走さまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
名物スタ丼のお店 小平支店@一橋学園
(住所)東京都小平市学園東町3-4-1
(電話)042-347-0044
(営業時間)11:30-15:00/18:30-23:00
(休業日)水休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次のページ>>



少しばかり協力させていただきました。
メガ盛り 首都圏版 200軒@マガジンハウス編
定価:700円 (税込)

Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad