大豆ノタベタ蔵 ~ダイズノタベタゾウ


目黒とんかつ とんき@国分寺
ホスピタリティ


“目黒とんかつ とんき 国分寺店”

目黒のとんかつの名店“とんき”の暖簾分けとなるお店が国分寺にあります。
国分寺駅南口から放射線状に伸びる道を進んですぐ。徒歩2~3分ほど。

お昼は割と営業時間が短い。ランチと言ってもお得はなく、ディナータイムと同様です。

お父さんとお母さんかな?二人で営業しています。店内は白木のカウンター。
清潔感にあふれています。なんだか緊張感がありますねww13時過ぎの入店で先客3名。
あっしが入ってすぐに暖簾が片付けられました。危ない危ない。

メニューは、ロースとヒレと串カツの定食3本立て。
とんかつと言えばやはり「ロース」ですよ。口頭オーダーで出来上がりを待ちます。



0801とんき@ロース

・ロースカツ定食 1,500円。

ロースかつには少しだけソース。後は自分で自由にテーブルにあるソースをお好みで。
他には、キャベツ、トマト、パセリ、練り辛子。それに豚汁、ご飯、漬物(沢庵、キュウリ)。



0801とんき@ロース切り口

肉は、脂身に甘味があり柔らかい肉質が特徴的な「あやめポーク」を使用。

衣が独特で、サクサクパン粉が少ない仕上がり。ロース肉に卵、メリケン粉をつけること3回。
そして最後にパン粉。そのパン粉も手で押さえることなく周りにかけて油に投入します。

衣のザクッという食感が不思議ですが、硬いという訳ではない。
お肉は程よい脂加減のロース肉。厚さにして2㎝弱の厚切りです。

ューシー感もしっかりあります。程よい弾力でお肉の旨味が口に広がっていきます。
確かにあまりソースをかけたくない。独特な衣の食感に、肉の旨味が消えてしまいそう。

あと何より凄いのが、お店のオペレーション。キャベツがなくなりそうになると
お母さんがサッとキャベツを追加してくれる。ご飯を食べ終わると前からお父さんが
「おかわりはどうですか?」と。当然いただきます。(3杯目から+50円)

食べ終わる頃になると、最初に出されたお茶を勝手にとって中身を捨て新しいお茶が入る。
最後は新しいおしぼりもいただける。凄すぎるけど、しっかり見られているってことw
それはそれで緊張感はあるけどwこのサービスも含めての1,500円なら安い。


こんないいお店が国分寺にあったとは…ただいつものトンカツを食べたい時には
ニュアンスが変わってしまいます。「“とんき”のとんかつ」というオンリーワンな
とんかつが食べたければ間違いなく最高の味とホスピタリティだ。ご馳走様でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目黒とんかつ とんき 国分寺店@国分寺
(住所)東京都国分寺市南町3-18-4 浅見ビル1F
(電話)042-325-3892
(営業時間)11:40-13:30/17:00-21:30
(休業日)火休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
横浜家系ラーメン 大和家@国立
大和家@1007クリーミー♪


家系をガッツリ食べたくなってコチラに。

“横浜家系ラーメン 大和家 国立店”

たまたま国立に来たので、探してみたらあったので
サクッと入ってみました。“大和家”は、多摩地区を
中心に数店舗を展開するラーメン店。


・ラーメン(並) 650円。

おかわり自由のライスは無料サービス。当然、頼みます。

クリーミーな色合いと、うずら玉子ということで
恐らく「壱六家系」の流れだと思います。

スープは、豚骨の旨味がしっかりと出てますがライトな
印象。まろやかな旨味がいいですね。豚の臭みがあまり
なく見た目と違って、上品な仕上がりとなっています。

鶏油も控え目。カエシの香りはいいもののおとなしい
印象となっています。バランス重視な感じ。

麺は中太ストレート。家系らしく短いもので吸い口は
軽やか。茹で加減を、普通でお願いしたもののかなり
硬め。家系は柔目で食べたいので、少し違和感。
食べ進めていく内、程良い食感になってくる。

ライスは当然?!おかわり。やはり家系はライスが合う。
最後は、雑炊仕立てにしてフィニッシュ!

「壱六家系」はもともと好きなので、最後まで
美味しく食べれました。ご馳走さまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
横浜家系ラーメン 大和家@国立
(住所)東京都国立市東1-7-36
(電話)042-571-1677
(営業時間)11:00-翌2:00
(休業日)月休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まぜまぜ ムタヒロ 3号@国分寺
無限ループ


国分寺駅周辺で向かうところ敵なし?となっている
“ムタヒロ”の3号店。今回は「まぜそばの専門店」と
なっています。店名はコチラ…

“まぜまぜ ムタヒロ 3号”

店内は相変わらずカラフルで可愛い。説明POPもいい!


ムタヒロ@POP


ちなみにコチラは、麺大盛り無料!!!モヤシ増しも無料!ご飯・スープつき!
という嬉しいサービスが満載となっています。食べ応え充分ですよね。

今回は初訪問なので、基本メニューをいただきます。

麺量は200gか300gから選べるので「大」300gでお願いします。
モヤシマシに、ご飯・スープもお願いして楽しみます。



ムタヒロ@まぜそば

・まぜまぜ 700円

トッピング類は、甘辛く煮込まれた豚バラスライス、モヤシ、刻み海苔、玉ねぎ、三つ葉。
丼も含めて熱々で提供されるのは嬉しいところ。早速、一気にまぜまぜします!



ムタヒロ@まぜ

麺は太縮れ麺で、もっちもっちの食感がいい。風味もよくて美味しいです。
まぜそば(油そば)って、麺そのものを楽しむことが醍醐味なので美味しい麺でよかった。

タレは甘さが際立つ醤油ベースに、煮干しのフレーバーがあわさったもの。
背脂が甘さと旨味を充分に引き上げてます。多少の化調感があるもののクセになる味ですね。

途中からラー油、お酢を入れて味変。更にライスとスープを楽しみます。



ムタヒロ@ライスとスープ

ライスに豚バラ肉をのせていただいたりして。スープはすまし汁の様子。
最後は、麺の方にコチラも投入します。



ムタヒロ@ライス混ぜ

スープそば飯のようですね。ジャンクもココまで来ると凄いなぁ~


本当に最後まで楽しくいただけました。他にもカリー味とかもあるし楽しみは無限。
少し炭水化物満載なのが気になるけどwwでも美味しいのはやめられない!ご馳走さまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まぜまぜ ムタヒロ 3号@国分寺
(住所)東京都国分寺市本町2-13-8
(電話)042-320-4880
(営業時間)11:30-15:00/18:00-23:00
(休業日)火休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とんかつ 和幸@国分寺
和幸@Wロース0816我慢の反動


酷暑にバテ気味で、胃腸の疲労度があがっていたのもあり
夏は揚げ物をなるべく食べないように心掛けてましてw

それでも大好きなとんかつは食べたくなる。
そんな訳で…ダーッと勢いつけて入っちゃいます。


“とんかつ 和幸”

お得なランチタイムは、11:00-17:00。このロング営業が
いいんですよねぇ~早速、我慢の反動か?!コチラを。

・W和幸御飯 1,180円。

人気のロースかつが2枚も乗ったボリュームランチ。

ご飯、シジミの味噌汁、香の物付き。
“和幸”と言えばご飯、味噌汁、キャベツお替り自由。
当然、お替りするのをベースに配分を決めていただくw

とんかつは程良い厚みでジューシー感もいい。
それにしても激安とんかつにはない、柔らかさに驚く。

衣はスナッキーな歯触りで途中からしっとり。
とんかつ専門店チェーンならではの企業努力ですね。

ちなみにいつも思うんだけど…こう言うところの辛子って
全然辛くない。いつもアホみたいにたっぷりつけちゃうw
もう少し、涙が出るくらいの出してくれないかなww


結局、ご飯、味噌汁、キャベツは1回お替り完了!
みんな元気にお腹いっぱいwご馳走さまでした!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とんかつ 和幸@国分寺
(住所)東京都国分寺市南町3-20-3 国分寺エル内9F
(電話)042-329-8139
(営業時間)11:00-22:30(L.O.21:45)
(休業日)元日、施設定休日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中華そば ふうみどう-FUMIDO-@国分寺
国分寺で台湾


“中華そば ふうみどう-FUMIDO-”

荻窪にあった頃は“風味堂”でしたが、国分寺に移転してから表記が微妙に変わる。

何度か食べに来たけど、定休日だったり振替休日だったりと2、3度タイミングが合わなかった。
14時過ぎに訪問で、先客ゼロ、後客4名。入る時、おばちゃんに「ここ冷やし中華あります?」
と聞かれ笑顔で「ないと思いますよ」と答える何とも不思議な入店前ww

今回はこの間“やまの@練馬”でいただいて美味しかったコチラを。



ふうみどう@台湾まぜ0523.jpg

・台湾まぜそば 750円。

期間限定で提供中。台湾まぜそばは、名古屋のご当地麺として人気で、
挽肉辛子炒めなど具材たっぷりの油そばとなっています。

コチラのトッピング類は、肉味噌、ネギ、モヤシ、海苔、生ニラ、温玉、メンマ。
メンマ入ってるとは思わなかった(涙)メンマを食べてからしっかりと混ぜ合わせます。



ふうみどう@混ぜ

麺は太麺ストレート。三河屋製麺のものだったような気がします。
量は少ないかな?と思ったけど小麦がギュっと詰まったような麺で、食べ応えは充分。

タレもしっかりと絡みますね。タレ自体は醤油の風味を一番感じました。
辛さはジンワリ来る感じで、もっと辛くてもいいかな?!
温玉も入っているので、よりまろやかになったのかもしれません。

ニラは生なので混ぜてゆっくりと熱を通します。もやしと相まって独特な食感がいい。


個人的には肉味噌の旨味がもう一つで、全体的に辛油そばに近い雰囲気。
好みの問題だと思いますが、油そばならではの食感や旨味の違いをあまり楽しめなかった。
もしかしたら「台湾ら~めん」の方が、いいかもしれませんね。

技術の高いお店なので、今度は未食の塩にトライしてみよう!ご馳走さまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中華そば ふうみどう-FUMIDO-@国分寺
(住所)東京都国分寺市本町2-12-1
(電話)080-3478-2310
(営業時間)11:30-15:00/18:00-22:30(日-21:00)
(休業日)月休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鶏そば ムタヒロ 2号店@国分寺
ムタヒロ2@醤油0507化調感…


ずっと行けなかった課題店に。場所は国分寺駅。

“鶏そば ムタヒロ 2号店”

南口にオープンして以来、アッと言う間に人気店となる
“ムタヒロ”さんの2号店が、同じ国分寺駅の北口に
オープンしました。コチラの方もあっという間に人気店
となりました。何回か行ったんですが待ちがありずっと
スルーすることに。今日は待ちが1名とチャンス。
食券機を待って5分程、待って着席となります。

・ガハハ 鶏そば 700円。

薬味の柚子胡椒、生姜をどちらにするか聞かれたので
「生姜」でお願いしました。麺の硬さは「普通」で。

美しい仕上がりですね。スープをひと口。
ん?!?!凄い化調感を感じる。気のせいかな?!

スープ自体は鶏の旨味がしっかりと感じとれますが、
メインは醤油の香りと、塩気の強さでした。

多めの鶏油の風味は今ひとつで、口当たりをもったりと
させて、なかなかスープがすすまない…

麺は、小麦の皮が入った平打ちタイプ。
ピロピロと楽しい口当たり。クチュモチッとした食感は
かなり好きな部類です。最初はもう少し細い方がいいかな
と思ったけど、丁度いいバランスとなっています。

トッピングは豚と鶏のチャーシュー、肉そぼろ、三つ葉、
ネギ。鶏のチャーシューはしっとりといい塩梅です。
ちなみに穂先メンマは抜きで、お願いしました。

中盤以降は、スープの味がだんだんなくなる。今日は
自分の舌がかなり敏感で、化調のような風味で痺れた
のかもしれない。薬味の生姜を入れてなんとか持ち直す。


とっても評価が高く、人気のお店だけど…あっしには
あまり合いませんでした。1号店は問題なく好きなお店
なんだけどなぁ~不思議だwwご馳走さまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鶏そば ムタヒロ 2号店@国分寺
(住所)東京都国分寺市本町2-3-6 タリホービル1F右
(営業時間)11:30-15:00/18:00-23:00
(休業日)水休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次のページ>>



少しばかり協力させていただきました。
メガ盛り 首都圏版 200軒@マガジンハウス編
定価:700円 (税込)

Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad