FC2ブログ


大豆ノタベタ蔵 ~ダイズノタベタゾウ


南インド料理 プラバート@阿佐ヶ谷
2018/11/17 (Sat) 18:57|★阿佐ヶ谷駅
医食同源


本日は石神井の某バーのお客さんによる“スパイス部”初回会合です。
部長予約により8名が集合!いっぱい食べるぞーーーーー!!


181117プラバート@店前
181117プラバート@POP

“南インド料理 プラバート”

初回会合場所は、南阿佐ヶ谷駅からすぐの南インド料理屋さん。
お店は2Fにあって少し急ですが、階段をあがります。

2017年11月オープン。シェフは、東京・虎ノ門の南インド料理の名店
“ニルワナム”出身とのことで期待が持てそうだ!!



181117プラバート@店内

店内は明るくてキレイなカフェの様子。
人が集まってきました。生ビールで乾杯してスタートです!!



181117プラバート@1

生ビールはアサヒのスーパードライ!!
インドのおせんべい「パパド」と共に。チャナ豆の風味がいい感じ。


181117プラバート@2

チキンサラダは酸味と辛味がいい感じ。思ったより辛くてよい!!


181117プラバート@3

パコラ。いくつも種類がありました。ひよこ豆の香りがGood!!
いい感じでビールがススムつまみが続く!!


181117プラバート@4

ゴッドファーザー(550円)。インド随一のストロングビール。


181117プラバート@5
181117プラバート@6

手羽中と手羽元のスパイス焼き。香ばしくて美味しい。
これがまた辛くて美味しい!!ビールが本当にススム!!
バッファローチキンのスパイス仕立てのようだ。


181117プラバート@7

レモンチキンは絶品!!甘味と酸味のバランスが最高!!鶏モモ肉、
ココナッツミルクとスパイスで和えだげ、カシューナッツのコクもいい。



181117プラバート@8

大きめの海老を炒めたピリ辛。というか完全にエビチリw
インド感はうっすらwwこんなものも出るんだね。


181117プラバート@9

白身魚のマサラ。淡白な白身魚ですが、香りとコクのスパイスと
ココナッツの甘味がいい感じです。



181117プラバート@10

チキン65という名のチキンマサラ。65種類のスパイス。
ゴーゴーカレーの55工程と似てる?!?!ww
辛くてスパイスの奥行を感じるひと品です。



181117プラバート@11

マトンペッパーマサラ。今回はカレーというよりマサラ系が多いですね。
いい感じでマトン独特の風味が好き。生玉ねぎをナッツがナイスアシスト。


181117プラバート@12

きゃーーー!!ドーサだ!!南インドの街でよく売られているスナック。
乳製品は使っていないのでさっぱりといただける。

ドーサにつけるもはチャトニとサンバル。チャトニはソースやディップのような感じ。

今回は、トマトチャトニとココナッツチャトニ。
両方とも塩味ベースですが、トマトは酸味、ココナッツはコクといいバランス。

サンバルは野菜の辛いスープのようなもの。南インドでは日本でいうお味噌汁
のようなもの。これらをつけながら楽しみます。美味しいなぁ~


181117プラバート@13

今回はフードだけだと2,500円でおまかせオーダーらしいが、このビリヤニだけは
マトンビリヤニ指定で!!これがまた美味しい!!ライタつき。


181117プラバート@14

フードの最後はチキンナンロールのようなもの。
様々なスパイスの香りとチキンの旨味と生地のチャパティが合いまった
あまり食べたことのない美味しさです。野菜もたっぷり!
仕上げにはふさわしい。


181117プラバート@15

仕上げはインドスイーツ!!全種オーダー!これがまた劇甘。
ある意味、現地の味なんだろう。マンゴーヨーグルト以外、歯が浮くような甘さ。


この人数だからこんなに楽しめました。お腹いっぱい!!
見た感じ、油多目で胃もたれしそうだが、翌日全然なんですよ!
むしろか胃腸快調!!さすが医食同源のインド料理!!第二回が楽しみだ!!


スポンサーサイト
酒とあて 醸す@阿佐ヶ谷
2016/10/05 (Wed) 19:02|★阿佐ヶ谷駅
珍しく日本酒


荻窪を後に阿佐ヶ谷に。


1005醸す@店前

“酒とあて 醸す(かもす)”

お酒は日本酒メイン。日本酒以外はビールとソフトドリンクのみ。
料理は、日本酒に合う軽くつまめるあてのみ。
日本酒をしっかり飲みたい人向けのお店となっています。

場所は、阿佐ヶ谷駅南口から左に曲がり線路沿いに進んだところ。徒歩5分ほど。
以前の店舗も日本酒メインのお店だったらしく、ほぼ居抜きとなります。

店内はカウンター席のみ8席。赤く情熱的なテーブルが美しい。

ちなみに店主とは、程よくww仲良くさせてもらっています。

それにしてもまさかの日本酒ww日本酒と紹興酒と赤ワインはほぼ飲まない。
そんなあっしが2件目で日本酒投入。今日はいったいどうなる!?



1005醸す@飲み比べ


1005醸す@あて


1005醸す@酒1


1005醸す@酒2


美味しかったぁ~なんだか決め打ちすれば日本酒も挟めることがわかった。
さて次はどこへ?!?!?!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
酒とあて 醸す@阿佐ヶ谷
(住所)東京都杉並区阿佐谷南2-20-2
(電話)03-5938-5936
(営業時間)18:00-翌1:00
(休業日)火休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CAFE KEGON@阿佐ヶ谷
2016/06/14 (Tue) 12:14|★阿佐ヶ谷駅
阿佐ヶ谷喫茶


阿佐ヶ谷駅周辺には、古き良き喫茶店が多くあります。
阿佐ヶ谷通いが続いているので、ホッとひと息、寄りたくなります。


“CAFE KEGON”

お店に行くには、阿佐ヶ谷駅北口を出て右に曲がり信号を渡ります。
河北総合病院方向に行く途中にあります。

モーニングからランチ、珈琲や様々なドリンク、料理が楽しめます。
いわゆる昭和から営業を続ける昔ながらの喫茶店となります。


モーニングのセットは6種類。提供時間は、7:30-11:30まで。
(1)は、トースト付きで400円。(2)は、トースト+玉子+サラダ付きで480円。
(3)は、トースト+玉子+ヨーグルト付きで480円。
(4)は、サンドウィッチ付きで500円。(5)は、ホットサンド+玉子+サラダ付きで530円。
(6)は、ホットサンド+玉子+ヨーグルト付きで530円。
ちなみに飲み物付ですが、コーヒーか紅茶(ホット or アイス)。


0614KEGON@モーニング4

・モーニングセット(4) 500円。

サンドウィッチは、ハム+玉子+野菜か、ハム+チーズ+野菜の2種類から選べる。
ちなみに写真は、ハム+玉子+野菜。玉子サラダの味がしっかり味わえる。
野菜もしっかり入って美味しい。こういう手作りサンドウィッチって格別ですね。



ランチメニューは、-14:00までの提供で3種類。
Aランチは、デミグラスソース ハンバーグ(コーヒー付き)890円。
Bランチは、南印度風トマトのスパイシーカレー(サラダ・コーヒー付き)790円。
Cランチは、ツナクリーム スパゲッティ(サラダ・コーヒー付き)790円。


0614KEGON@Bランチ

・Bランチ(サラダ・コーヒー付き) 790円。

Bランチは前記の通り、南印度風トマトのスパイシーカレー。
ちなみにライスとトーストが選べますwwカレーにトーストは斬新だww

カレー自体は、トマトの酸味が効いたカレー。牛肉は筋肉っぽい感じ。
ハウス製の業務用ですかね?それでも普通に買っても1人前200円~300円だから
サラダとライス、ドリンクがついてこの値段だから、かなりお得だ。


オシャレなカフェもいいが、純喫茶というか喫茶店は、いつの時代も不変だ。
そこにはコーヒーとタバコの香り。更にケチャップとソースの香り。
オシャレなカフェにはなかなか出せない味わいだったりします。
やはりあっしは、こっちの方が向いている蔵←懐かしいwww
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
CAFE KEGON@阿佐ヶ谷
(住所)東京都杉並区阿佐谷北1-3-5 キリサワビル1F
(電話)03-3338-1776
(営業時間)7:30-20:30
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
らーめん いろはや@阿佐ヶ谷
2016/06/13 (Mon) 12:11|★阿佐ヶ谷駅
つるつるモチモチ


本日も阿佐ヶ谷に。雨が続いているのでバスで向かいます。

早稲田通りから中杉通りに曲がる手前で途中下車。
テクテクと早稲田通りを新宿方面にテクテク。雨風が強いです。

しばらく歩くと左手にラーメン屋さん。2016年4月5日にオープン。



0613いろはや@店前

“らーめん いろはや”

最寄の駅は、阿佐ヶ谷駅ですが歩くと20分はかかります。
そんな場所でも土日ともなると行列が発生。
オープンして、僅か2ヶ月で人気店の仲間入りです。

本日は朝から雨風強め+平日の昼もあって11:45時到着で先客2名。
しかし出る時には、入れ替わりで満席になりましたね。

店主は、大成食品が運営する鳥居式らーめん塾の卒業生とのこと。

店内はカウンター5席と脇に3席。左手には自家製麺を作る部屋も完備。
前評判も含めて期待が膨らみます。



0613いろはや@らーめん大

・らーめん 大 680円。

普通と大盛りが同一料金。トッピングは厚目のなると、ネギ、海苔、
モモ肉とバラ肉の2種類のチャーシュー。ちなみにメンマは抜き。
チャーシューは、2種類とも食べ応えもあってとても美味しい。

スープの量がたっぷりある。鶏ガラ+豚背ベースかな?清湯醤油味。
懐かしさを感じる中華そばな感じですが、香味油、醤油、スープと
しっかり作り込まれています。特に野菜系から織りなす甘味が秀逸。
節系にあまり頼らない、香り高いらーめんです。

麺は、自家製の中細ストレート。柔めの茹で上げでモッチモッチ。
スープがこれでもかと麺に絡んで口の中で広がります。
多加水タイプなので、口当たりもスルスルとして心地良い。

いい麺ですね。もしかしたら「もりそば」とかにしたらいいかも?
券売機に「つけめん」もあったが販売はしてなかった。


雰囲気は、永福町系大勝軒のような感じを持っていましたが食べると違いました。
真っ当な中華そばってなかなか作り込むの難しいと思うが、しっかりと作り込んでいる。

こんな立地でも人気を呼ぶのは納得です。店主の接客等は問題ないが
笑顔がほとんどない事に気付く。この辺りはたまたまかなwwご馳走様でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
らーめん いろはや@阿佐ヶ谷
(住所)東京都杉並区阿佐ヶ谷北6-13-1
(営業時間)11:30-14:00/18:00-21:00頃まで
(休業日)水休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和菓子屋 喫茶 うさぎや@阿佐ヶ谷
2016/06/12 (Sun) 14:52|★阿佐ヶ谷駅
老舗のどら焼き


数日、阿佐ヶ谷通いが始まります。
今日は、久し振りに人気店に行っておやつを。


“和菓子屋 喫茶 うさぎや”

言わずと知れた名店。“うさぎや”は日本橋、上野、阿佐ヶ谷と
ありますがどれも親戚同志で、独立経営となっています。

なので一番人気の「どら焼き」は、各店舗で微妙に味と風味が違います。
上野と阿佐ヶ谷は食べたことがあるが断然、阿佐ヶ谷が美味しい。

一応、どらやき店ではなく和菓子屋です。
と言ってもほとんどの人が「どら焼き」オーダーですね。

日曜日の13時過ぎで並びなし。会計待ち3名程で問題なく直ぐ買えました。



0612うさぎや@どらやき

・どら焼き 190円(1個)

うさぎの袋が可愛い。この可愛さは阿佐ヶ谷のみのお楽しみ。

皮はふっくらしっとり。あんも含めてずっしりと重い。
皮からはほんのりとハチミツが香る。しっとり感もいいです。

小豆あんは、国産小豆の香りをダイレクトに感じる。
食感もしっかりあって甘さも控え目。本当に美味しい。

皮も甘いんですが、小豆あんと甘さのバランスが最高峰。
やはり阿佐ヶ谷のうさぎやの「どら焼き」は抜群に美味しい。


やはり質のいいものは、いつまでも愛される。
なかなか阿佐ヶ谷には来れないので、何回か買ってしまいそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和菓子屋 喫茶 うさぎや@阿佐ヶ谷
(住所)東京都杉並区阿佐谷北1-3-7
(電話)03-3338-9230
(営業時間)9:00-19:00
(休業日)土・第3金休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ステーキ・ハンバーグ カウボーイ@阿佐ヶ谷
2016/06/11 (Sat) 14:55|★阿佐ヶ谷駅



本日は諸事情で阿佐ヶ谷に。アラフィフともなると色々あるもので…
所用を済ませて…色んな緊張から解き放たれるとお腹が空く…不思議だ。

近くで何かないかウロウロ。なんとなく色々とスカッとするため、肉を喰らいたくなる。
あるんだよね。そう言う時にそんなお店がwwあまり迷わず入店します。


“ステーキ・ハンバーグ カウボーイ 阿佐ヶ谷店”

場所は、阿佐ヶ谷駅北口出て右に曲がって小さな商店街に進みます。
河北病院の分館方向に進んで直ぐの右手にあります。アメリカンな店構えが素敵。
爆笑問題の事務所「タイタン」の近くですねw

ちなみにステーキ店で「カウボーイ」とか「テキサス」とか
そういうのはいっぱいあるので、どことどこが繋がっててとかもうわからないw

店内に入るとランチタイム後半らしく程よい静かな感じ。
店内はアメリカンかつウエスタンな感じで悪くない。

まずは日中の暑さを癒す生ビールでも…



0611テキサス@ビール

・生ビール 500円。

染み渡ります。昼ビールの美味しいこと。。。

ラグランドメニューは当然ありますが、今回はランチメニューから。



0611テキサス@ハンバーグ

・ハンバーグステーキ250g 860円。

ライスとホットコーヒー付き。付け合わせはパスタとキャベツ。
キャベツは斬新。ハンバーグは思っていたより大き目。デミソースがかかる。

そう言えば牛の顔付きじゃない鉄板を久し振りに見ましたwww

ハンバーグはガッツリと肉肉しくてよい。焼き具合もしっかりと焼かれた
ウェルダム仕様。ステーキはレアが好きだがハンバーグはよく焼きが好み。

肉汁溢れるというタイプでもなく、ふっくら柔らかでもない
しっかりと肉肉しい感じが楽しめる昔ながらの洋食ハンバーグスタイル。

デミソースもコクもなく、薄くもなくといい塩梅。
より肉の旨味と風味を楽しめるような美味しさとなっています。

写真にはないがライスも。量的には普通ですが、ハンバーグの友としては問題なし。



0611テキサス@コーヒー

食べ終わるとホットコーヒー。コーヒー自体はおまけみたいな感じです。


今回はハンバーグでしたが、肉肉しいものを食べたい時にこうして
リーズナブルに楽しめるのはとってもいい。近所にあったら楽しいお店です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ステーキ・ハンバーグ カウボーイ 阿佐ヶ谷店@阿佐ヶ谷
(住所)東京都杉並区阿佐谷北1-4-11 グリーンビュー杉並1F
(電話) 03-5373-6330
(営業時間)11:30-14:30(L.O.)/夜は不明
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次のページ>>



少しばかり協力させていただきました。
メガ盛り 首都圏版 200軒@マガジンハウス編
定価:700円 (税込)

Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad