大豆ノタベタ蔵 ~ダイズノタベタゾウ


和風スナック とき@石神井公園
2008/07/31 (Thu) 23:28|☆石神井公園駅>その他
地元・石神井公園でよく飲んでる人なら知らない人はいない “和風スナック とき”。
もうすぐ40周年を迎えるという老舗のスナックです。スナックといより居酒屋で
開店当初は居酒屋という名称がなかったからだと思います。

中は見えないし、いつも賑わってるし…一番最初に入る時は勇気がいりましたよww
だって“和風スナック”なのに看板には“持ち帰りピザあります”だしね。

とき@店前

おぉぉぉぉぉ!看板がまぶしすぎるねっ!
とにかくマスターから元気を貰いにいってましたが、マスターが体調を崩してからは
なんとなく足が遠のいてました。今回もかなり久し振りの来店。

ここは何と言っても愛情あふれる手作りの食べ物がサイコーーー!
お腹いっぱいで行くと後悔するよww


とき@グラタン

・グラタン 800円。
オーダーが入ってからベシャメルを作るのにあっと言う間に焼き上がる。
ときの4番バッター的メニュー。来店時には9割近くこれを食べます。
今日もクリーミーで美味しすぎます。アツアツで火傷確実。もう幸せです。


とき@ピザ

・ピザ 900円。
こちらは生地もちゃんとマスターがこねて作ってます。
特製?トマトソースにブロックベーコンを切ったものやサラミ、野菜が彩ります。
イタリアンで様々なピザを食べたけど…ときピザを超えるものはないです。
焼き上げる時、マスターは焼き上がり度合をみてもう少し焼いてみたりと細かい仕事をしている。
同じピザでもマスターが作ってチェックしたものが味が違うのはきっとそこなんだろうなぁ。


とき@すいとん

・すいとん 600円。
すいとん好きにはたまらないメニュー。たっぷりの野菜が身体を優しく包みます。
これもオーダー率高いですよ。冬なんかにはかなり温まりますよ。


とき@カレー

・カレーライス 600円。
こちらもオーダーがはいってからルー作りwwwあり得ない速さで完成。目をつぶったら見逃すよw
アメリカ軍兵が集まるお店で腕をふるっていったマスター渾身のカリーライスです。

今回もマスターの愛情とともに美味しい食べ物に、美味しいお酒。本当に元気を貰える。
唯一無二のお店…石神井に住んでてよかったと心から思う蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和風スナック とき@石神井公園
(住所)東京都練馬区石神井町7-6-11
(電話)03-3995-3261
(営業時間)18:30-翌2:00
(休業日)日祝・第2月休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
麺屋とらのこ@大泉学園
2008/07/30 (Wed) 14:52|☆大泉学園駅>ラーメン
※残念ながら閉店しました※
とらのこ@つけめん最後ラスト・オブ・麺屋とらのこ。

最終日に行って食べれないと大変なので前日に来店。
いつもならそんなに混んでない時間帯に行くも数人待ち。
やはりみんな気持ちは同じか!?並ぶのが大嫌いな
あっしもさすがに並びます。5分待ちくらいで入店。

・つけ麺 650円

こちらの麺は三河屋製麺の中太縮れ麺だと思われます。
ポクポクした食感は独特で、あ~“とらのこ”に来たなと
思ってしまいます。個人的には好みではないですが…

スープを初代が作るところを焼き付けるように見ます。

醤油ダレ、たっぷりの魚粉、辛味油、香味油、お酢…他。
そしてここの甘いつけダレの特徴でもある味醂を
細かく配合しながら仕上げていきます。

味見の回数は4、5回。毎度毎度、安定した味です。
こればかりは二代目になっても引き継ぎは難しい。

現に初代に二代目になって何が変わるのか聞いたら
開口一番“つけ麺”!とのことでした。やっぱりね。

本当にこれが食べられなくなるのは残念だけど
二代目にも頑張って欲しい。味が変わるのは当たり前。
あとは自分でどうするかだね。

初代は、うどん店を開業するべく修行に出るそうです。
若いって素晴らしいね。頑張って欲しい。
もちろん!うどん店にも顔を出す蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
麺屋とらのこ@大泉学園
(住所)東京都練馬区東大泉3-2-7 ブライト大泉学園105
(電話)03-3923-8891
(営業時間)11:30-14:00/18:00-22:30(土日祝-22:00)
(休業日)月・第1第3火休
(ホームページ)http://toranoko.qee.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東池袋大勝軒 いぶき@光が丘
2008/07/29 (Tue) 22:10|★光が丘駅・平和台駅
光が丘大勝軒@もりそば“東池袋大勝軒 いぶき”

2008年6月2日、光が丘にオープン。

新宿御苑の大勝軒十五夜の流れ。
練馬で人気店だった“神楽屋”(大久保に移転後、閉店)の
店主と“東池袋大勝軒”で修行した人のコラボ店舗ですね。

そこで修業した人かな?ちょっと不安がww

・つけめん 720円。

麺は、十五夜と同じく細め。これは美味しい。
小麦の香りもそこそこあって喉越しもOK!
でも、大勝軒の麺というカテゴリーではないような…

スープは十五夜の流れそのままに薄い仕上がり。
あと…なんとしってもスープがぬるいのはちょっと…
豚系の味が十分にスープに移ってなくて中途半端な味。

あと、麺の上の水菜はなんとかならないものですかね。

光が丘で大勝軒が食べられるのはいいことですが
ここを“光が丘大勝軒”と言うのは抵抗がある。
“十五屋 光が丘店”の方がしっくりきますね。
確かに “もりそば” ではなく “つけめん” だし。

あとなんといっても店内が狭すぎますよww
厨房の方がゆったりだしww普通の体系の人でも狭い。
BIGな大豆は手前の席しか座れませんww
そこまでして行くか?と問われれば…無言。

しかし光が丘という場所柄きっと繁盛店になるでしょう。
頑張って欲しいと心から思う蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東池袋大勝軒 いぶき@光が丘
(住所)東京都練馬区田柄5-16-10
(電話)03-3577-4112
(営業時間)11:00-16:00(スープ終了まで)
(休業日)木休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天麩羅割烹 えび田@曙橋
2008/07/28 (Mon) 15:12|★曙橋駅・四谷三丁目駅
まだ20歳の頃。遠い昔の話ですが…

その頃は毎月、給料前にヒーヒー言うくらいお金がなかったww
なのでよく先輩から御馳走になっていました。その中で頭抜けて高いお店。

“天麩羅割烹 えび田”

名物の 車海老天丼 を何回か御馳走になっていました。
お値段 2000円(当時)。自腹で食べるなんて出来なかった。
いつか自分でしっかり稼ぐようになったら自腹で行こう!と心に誓ったものです。

それから10数年。曙橋という立地柄、あまり行くことがなく記憶の片隅に追いやられていました。
たまたま仕事で曙橋に行く用事が出来たので、記憶を呼び覚まし早めに行ってランチだな!

お店についてみると、改装してあって高級感のあるつくりになりました。
前はなかなか味があっていい感じだったのですが…名物だったいけすが小さくなって残念。
早速、ランチタイムなのにオーダーしちゃいます!!

・特製車海老天丼 2100円。

待つこと20分。運ばれてきたどんぶりは遠い記憶を呼び覚ますには充分すぎるインパクト。
直径20cmほどもある有田焼のどんぶり。もちろん普通の天丼もあるのですが、
それらとは一線を画す“特製車海老天丼専用”のどんぶり。シャア専用くらいのスペシャリティw


えび田@どんぶり

どんぶりの縁からちょっと顔を出す、車海老の照れ屋さんっぷりが愛らしいww
ほらっ!出ておいで!!


えび田@車海老天丼

約20cm以上(約80~85g)もある天然の車海老が2本、野菜2点(ピーマンと茄子)、揚玉子が顔をだします。
他にもたぬきと海老の頭も入っています。あれ?前は2個入ってたけど?!残念。

味は申し分なし!甘めのタレでご飯が止まらない。
特にここの天ぷらは、海老の頭と尻尾も美味しくバリバリ食べちゃいます。
素揚げされた玉子からは、もうご飯いっぱい食べちゃって!と強烈なラブコールww
のせられると、配分を間違えるので冷静にねww

色んな記憶が蘇る青春の味、2100円ww
帰り際に少しお話しもできたし、気持ちよく堪能した蔵!
ちなみに1000円以下のリーズナブルなランチメニューがほとんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天麩羅割烹 えび田@曙橋
(住所)東京都新宿区坂町15
(電話)03-3353-2990
(営業時間)11:30-13:30/17:30-21:30
(休業日)日祝休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
麺屋とらのこ@大泉学園
2008/07/27 (Sun) 14:07|☆大泉学園駅>ラーメン
※残念ながら閉店しました※
とらのこ@カレーつけ地元周辺のラーメン屋で一番有名なのは“麺処 井の庄”。
でもつけ麺の、つけダレだったら間違いなく
“麺屋とらのこ”が一番だと個人的には思っていて
理想は“井の庄”の麺を持って“とらのこ”の
つけダレで食べる。これが最高峰!
いや到底無理な話なんですけどねwで、久し振りに来店。

“麺屋とらのこ”

入店しようとしたら貼り紙が…
7月31日をもって初代店主から二代目に代替わり。
9月1日からは“二代目 麺屋とらのこ”として
スタートします。とのこと…マジでかっ!

ここの店主はつけダレを作る際、丁寧に味見を重ね
作り上げていくもので、いくら教えてもこればかりは
継承は無理だろう!残念すぎる。。。
なのに今回オーダーしたのは…

・夏季限定カレーつけ麺 700円。

なんでですのっ!いやこれずっと食べたかったからww

つけダレにはカレーパウダー投入。唐辛子・ナッツ系
以外は普通のつけダレとあまり変わらない感じ。
魚粉もしっかり入っているので和風カレーのイメージ?!
基本べースの甘いつけダレにカレーの風味が
バランスよくミックスされていてなかなか。

麺の上のふられた、ナッツと粉チーズがコクと風味をプラス。
スープとの絡みもよく美味しくいただけました。

残り数日。必ず、初代最後のつけ麺を食べにくる蔵!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
麺屋とらのこ@大泉学園
(住所)東京都練馬区東大泉3-2-7 ブライト大泉学園105
(電話)03-3923-8891
(営業時間)11:30-14:00/18:00-22:30(土日祝-22:00)
(休業日)月・第1第3火休
(ホームページ)http://toranoko.qee.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サッポロめんフーズ@下井草
2008/07/26 (Sat) 14:57|☆下井草駅>その他
下井草駅と富士見台駅の中間にある製麺屋さん “サッポロめんフーズ”。

さっぽろ@看板

がんこ系の一部店舗や、都立家政の名店 “麺や 七彩” でも
開店当初は自家製麺ではなくこちらの麺を使っていたようです。
まぁしっかりした製麺所なんで色んな所で使われているでしょう。

その製麺所が、月に一度だけ一般に販売するイベントをやっています。
最終金土の2日間だけの特別販売。変わった麺も揃うので楽しみです。
ちなみに時間は10:00-18:00まで。


さっぽろ@売場

ラーメンの麺は、縮れ麺から太麺、とんこつ用の極細麺まで多種揃ってますね。
スープも1人前用の小売もやってます。

他にもうどん、そば、パスタ、冷麺用など本当に麺のワンダーランド!

試食品もやってるし、ご自由にどうぞ!のよく冷えたお茶もあるし
今回は夏真っ盛りなので、かき氷なんかもサービス。
家族連れや子供たちもきてとっても賑わってます。


さっぽろ@麺

今回は、とんこつ用極細麺(5玉・350円)、つけ麺用極太麺(1玉・120円)、
翡翠麺(2玉・180円)を購入。当分の間、家ラーメンの予感ですww
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サッポロめんフーズ@下井草
(住所)東京都練馬区富士見台1-12-23
(電話)03-3970-3221/(工場)0492-24-9585
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
南インド料理 A・Raj@東池袋
2008/07/25 (Fri) 14:00|★東池袋駅・護国寺駅
南インド料理のファンの人なら必ず行ったことがあるといわれる名店

“南インド料理 A・Raj(エー・ラージ)”。

南インド料理が大好きなあっしですが、実は行ったことがなかったエアポケット的なお店。
打ち合わせ終了後に、テクテクと東池袋まで歩いて伺います。
行ってみたら、場所は“東池袋大勝軒”の並びなんですねぇ~あっ!山岸さんだww

もちろん、軽く笑顔で会釈して通り過ぎてA・Rajに。ごめんなさいww

Araj@店前

ランチタイムに間にあったので…とってもお得であり得ないと噂の…

・ベジタリアンミールス(ランチ) 1,000円。

Araj@ミールス

をオーダー!
ミールスとは、南インドの定食みたいなもので、お皿にちょっともられた様々なものを
好みで混ぜていただきます。一度に少しずつ楽しめるからオススメです。
もちろん!スプーンなんか使わず、右手を使っていただきますよ!

プレートには…(左下から上に時計回り)
サンバル(野菜入り豆カレー)
ラッサム(スープカレー)
ダヒ(ヨーグルト)
ポリヤル(炒め物)…ナスの炒め物
クトゥ(豆カレー)
ピクルス
デザート…丸い揚げパンシロップ漬け

(真ん中)揚げパン、パパド(豆せんべい)
(揚げパンの下)ライス

もう少し全体的に爽やかさがあった方が好きだけど全然美味しいです。
色々混ぜてるうちにダヒの使用量が多かった。

ラッサムはもう少しパンチがきいた方が好きだけど、豆カレーと混ぜると絶品。
これで1,000円なんて、絶対にあり得ない!

店員さんの対応や、フィンガーボウルがないなど残念なところはあったものの
間違いなく南インド料理の名店です。

南インドの風は間違いなくあっしの心を癒した蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
南インド料理 A・Raj(エー・ラージ)@東池袋
(住所)東京都豊島区南池袋2-42-7
(電話)03-3981-9688
(営業時間)11:30-15:00/18:00-23:00
(休業日)火休
(ホームページ)http://www.a-raj.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
らーめん 天の道@上井草
2008/07/24 (Thu) 21:37|☆上井草駅>ラーメン
天の道@油そば地元付近で行ってないラーメン屋はあるかなぁ?
と調べてて発見してお店。

“らーめん 天の道”

近いといっても自転車で10分ちょっと。
青梅街道沿いだから近いけど遠い?微妙ww
昔、上井草に住んでいたので迷わず到着!

・油そば 600円。

新入り?の女子店員に説教しながら作っています。
大変そうだなぁ~ww

ランチのサービスで半ライスがつくとのこと。
油そばにあうかどうかは別として、取りあえず
サービスならオーダーww

出てきた油そばは、最初から和えられているタイプの油そば。
チャーシューも含め具とも合わせたいので自分でも混ぜます。
ふわっと濃いめの醤油ダレの香りが胃袋を動かします。

麺は太麺で、歯応えがしっかり味わえます。
しかもタレと相性がよく、かなり美味しい。

タレの他にも、ごま油の風味が鼻に抜ける。
個人的な趣味でいくと、ごま油があまり好きではない。
もう少し香味油が強い方がもっと好みかも!

しかし、この値段もさることながら店長の丁寧な仕事振りが嬉しい。

最後にお椀についた醤油ダレを楽しみたくて
ちょっとだけスープ割してもらいました。
イメージで言うとチータンタンみたいなww

今度は生卵トッピングでかま玉風にして食べてみたい蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
らーめん 天の道@上井草
(住所)東京都杉並区今川4-8-5
(電話)03-3395-7795
(営業時間)11:00-15:00/18:00-23:30(日11:00-23:00)
(休業日)月休
(ホームページ)http://tennomichi.s-arcana.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手打ちさぬきうどん さぬきのうどんや@曙橋
2008/07/23 (Wed) 11:28|★曙橋駅・四谷三丁目駅
曙橋@さぬき曙橋駅A2出口を出た裏の所にある讃岐うどんのお店

“手打ちさぬきうどん さぬきのうどんや”

ダイレクトな店名。よく調べたら都内の讃岐うどん屋
としては老舗になるであろう、オープンは1997年。
ブームのかなり前。

狭い店内はいつもお客さんでいっぱいです。
(座席数:8席くらい)
カウンターに山盛りの天ぷらが十数種類並び、
いなりやおにぎりなど見ているだけでも楽しい。

・ぶっかけ 300円台?(+春菊天+温泉玉子 各100円)。

ごめんなさい。値段あやふやですww

うどんは喉越しが良い。コシは強いタイプではなく
食感を楽しむコシ?みたいなタイプ。
塩分も控え目で讃岐うどん独特の塩っぽさがなくて
個人的には好き。つるつるとあっという間に胃袋へ。

タレはどうやら市販のものをアレンジしているらしい。
もう少しカツオの風味があった方が好きだけど
これでも全然美味しいです。

天ぷらはなかり手がかかっており、揚げ具合も素晴らしい。
これで100円とはトッピングの域を超えています。

おやじさんが香川に行って盗んできた?技が楽しめる
東京の老舗の味にとっても満足した蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手打ちさぬきうどん さぬきのうどんや@曙橋
(住所)東京都新宿区住吉町6-12
(電話)03-3350-9688
(営業時間)11:30-14:00/16:30-19:00頃
(休業日)土日祝休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
らーめん愉悦処 鏡花@立川
2008/07/22 (Tue) 14:27|☆立川駅>ラーメン
鏡花@醤油07すでにお気入りラーメン屋に登録されている

“らーめん愉悦処 鏡花”。

そう言えばここ最近、限定しか食べてない。
久し振りにあっしを虜にした原点に帰ります。

・醤油らーめん 780円。

最初に味わった時と比べると麺が変わった模様。
麺は平打ちの縮れ麺で、柔らかくてふわっとした食感。
でも食べているうちにコシが出てきて小麦のうま味が味わえます。

スープは相変わらずの出来栄え。
たまり醤油の何とも言えない甘みと風味が鼻をくすぐります。
香味油はクセがないのでスープを邪魔せず完成度が高い。

今日はおやっさんがいなかったせいか?!
スープが少なめ?チャーシューや玉子の切り方、
ラーメンの盛り付け等が少し雑だったのが残念。

渾身の一杯なので、店内の雰囲気も相まって
美しさもここの魅力ではないかと。
ついついそのくらいの完成度を求めちゃう蔵。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
らーめん愉悦処 鏡花@立川
(住所)東京都立川市柴崎町2-12-20
(電話)042-525-3371
(営業時間)11:30-15:00/17:00-22:00(土日11:30-22:00)
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次のページ>>



少しばかり協力させていただきました。
メガ盛り 首都圏版 200軒@マガジンハウス編
定価:700円 (税込)

Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad