大豆ノタベタ蔵 ~ダイズノタベタゾウ


生粉打ち亭@牛込神楽坂
2008/11/30 (Sun) 19:56|★牛込神楽坂駅・牛込柳町駅
生粉打ち@3種さりげないグルメ通り、牛込中央通り。
ハイカラな雰囲気と昔ながらのお店が混在する
とっても素敵な空間が広がっています。

その通り沿いには有名イタリアン・フレンチの他に
蕎麦屋が数件、軒を並べます。その中のひとつ。

“生粉打ち亭”

国産の玄そばを使用したそば粉100%の蕎麦屋らしい。
小麦粉や山芋などつなぎを一切使わないこだわりの
十割そばがいただけるそうな…

・三種盛り 1,500円。
(左から津軽そば・田舎・江戸盛り合わせ)

洋食屋ではミックスグリルが大好きなあっしですが…
やはりこう言うところでもこんな感じww
ちょっとづつ楽しみたいんですよ。

写真の右の 江戸そば は、店内で皮むきした丸抜き
そばを自家製粉。とっても香りがいい。これはかなりいい。

写真中の 田舎そば は、皮のついたままの玄そばと
丸抜きそばを混ぜたもの。かなり太打ち。歯応えや
食感はとってもいいけど、ちょっと香りがイマイチ。

写真左の 津軽そば は、江戸そばの粉を使用し
大豆をすりつぶした汁で打ったそばで、青森の郷土そばらしい。
今では幻のそばとか…確かにお店が言うように独特の甘みがある。

豆乳の風味が鼻から抜ける。ダメな人はダメかもしれませんね。
お店いわく、のど越しも一番いいというがそれはあまり感じず。

正直な意見として江戸そばだけで充分に美味しい。
それでも各そばだけで食べたらそれはそれで美味しいと思う筈。

だけど江戸そばを食べ比べると、他が弱すぎちゃう。
個人的な好みだけど、江戸そばだけで全然、何回も来店しちゃう蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
生粉打ち亭@牛込神楽坂
(住所)東京都新宿区納戸町10番地
(電話)03-3235-7177
(営業時間)11:30-14:30/17:30-21:00
(休業日)月、第2・4火休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
ちゃぶ屋@護国寺
2008/11/29 (Sat) 13:19|★東池袋駅・護国寺駅
※残念ながら閉店しました※

なんとなく健康のために、仕事場から池袋まで歩いてみる。そうすると途中にあるんですよ。
有名なラーメン屋さんが…かなり久し振りの来店です。

“ちゃぶ屋 本店”

ちゃぶ屋@店前

最近は、表参道ヒルズに出店した、コースメニューも楽しめる“MIST”も好評らしい。
ちょっと調べたら最近、本店では昔の味が楽しめるとのことでこれはいただかないと。

しかし相変わらず広い厨房にスタイリッシュな店内ですね。そのせいか女性1人のお客さんも多い。
目の前で切られるチャーシューを見ているとテンションがあがります。


ちゃぶ屋@醤油

・らぁ麺 650円。

ランチ(11:30-15:00)限定の醤油味。ちゃぶ屋本店創業当時の味を再現した心温まる一杯だそうだ。
食べる前から揚げネギが香ります。いただいてみると醤油の香りが鼻から抜けます。
ちょっと濃い目。揚げネギがアクセントになってバランスよくまとまってます。

“鏡花”に近い醤油の風味。ちょっとストレート過ぎる味わいが残念かな?
全体的には動物系の風味が優しい感じで。やはり醤油を少し抑えた方が好みです。

麺は細平打ちストレート麺。スープの持ち上がりはなかなかです。
少しポクポクとした食感の麺がこのスープには合うかはビミョーですが…
小麦の香りもしっかり感じれたので美味しかったです。

森住さんの作るラーメンはいつも独特の風味を感じる。麺も変わった食感で楽しい。
確かにあまり他では感じない、王道風ですが独特のラーメンはやっぱり楽しい蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちゃぶ屋 本店@護国寺
(住所)東京都文京区音羽1-17-16 中銀音羽マンション101
(電話)03-3945-3791
(営業時間)第1部11:30-15:00/第2部18:00-21:00/第3部22:00-24:00(木・金・土のみ)
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カレーや からかうあ@牛込神楽坂
2008/11/28 (Fri) 19:33|★牛込神楽坂駅・牛込柳町駅
からかうあ@厚切豚
牛込神楽坂駅から牛込北町にでて、そこから外堀通りに
抜ける道には美味しそうなお店がいっぱい。

その道からちょっと入ったところに、ハワイ好きの店主が
切り盛りするスープカレーやさんがあります。

“カレーや からかうあ”

店内は手作り風の南国をイメージ。温かさが溢れます。

メニューは、チキンフィレとゴロゴロ野菜がヘルシーな
スタンダードカレーや、ハワイど真ん中、カレーロコモコを
中心にメニューを構成しています。

日替わりなんかも数種類あるのでなかなか飽きない。
今回はその日替わりの中からオーダー!

・厚切りゴロリ!豚バラカレー 1,100円。

辛さを選べるみたいだけど初来店なのでそのままに。
注文を受けてから仕上げていますね。ちょっとだけ長い待ち。

熱々の器に入れられてきたスープカレーは香り豊か。
クミンの香りが一番にきますね。爽やかです。

若干、脂っぽさを感じるけどしっかりとテンパリングされてます。
スパイスの使い方が丁寧でとってもいいですね。

ライスは雑穀入りのターメリックライス。
少し硬めのライスがスープカレーにぴったり。

全体的に辛さの中に旨味やコクがある感じ。店内に書かれている
自分が辛いと感じるちょっと上で食べて頂くのがオススメらしい。
次回は3辛くらいでいただく蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カレーや からかうあ@牛込神楽坂
(住所)東京都新宿納戸町16-5 1F
(電話)03-3268-0881
(営業時間)11:30-15:00/17:00-21:00
(休業日)日休(他不定休)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
らーめんや ぼにしも@練馬
2008/11/27 (Thu) 19:00|☆練馬駅>ラーメン
ぼにしも@らーめん目白通りにある東京醤油らーめんが味わえるお店。

“らーめんや ぼにしも”

店名は「ボーノ」の最上級「ボニッシモ」から
来ているのかな?だったら最上級をいただきましょう。

・らーめん 650円。

最近、小麦高騰で50円値上がりしたらしいが
とっても良心的なプライスですね。

平目の干物や干し貝柱を使っているらしいスープは
醤油の香りが立っていてなかなか。動物系寄りの
スープと言うよりは、魚貝系の爽やかさだけが出た感じ。

綿は中細の縮れ麺でスープがよく絡む。
小麦の旨味をあまり感じない。個人的にはもう少し縮れを
抑えた方が好み。喉越しもよくなるんじゃないかと。

少し香味油が多くて困った。もったいないなぁ~

東京ラーメンとしては、なかなかの部類です。
香味油と麺がちょっとだけどとっても美味しかった。

動物系+魚介系+魚粉みたいなに飽きてきた昨今。
こういうラーメンこそ、また最後に食べたくなるんだろうなぁ~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
らーめんや ぼにしも@練馬
(住所)東京都練馬区豊玉北5-5-4
(電話)03-6760-3001
(営業時間)11:30-14:30/17:00-22:00
(休業日)水休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大豆家@鰤大根
2008/11/27 (Thu) 03:37|◎大豆家
この前の休みの日。大好きなスーパー巡りをしていたらとってもよさげな鰤(ブリ)が…
しかも夜に行ったので半額。これは鰤大根には持ってこいでねぇの!って作るの久し振りだなぁ。


大豆家@鰤大根

・鰤大根

最初は大根だけでお米を少量入れて1時間くらい炊きます。すでに美味しそうww
煮上がったら冷ましてから冷水でぬめりを取ってから水につけておきます。

鰤は粗塩で揉み込んで10分くらいおいたら冷水で洗い、熱湯で湯煎。余分な脂を落としますよ。
冷水でしっかり洗って汚れや血合いをとります。これ大事。

鍋に鰤を入れて水とお酒を入れ強火。沸騰したら灰汁が出るのでとります。
灰汁が出切ったら生姜、大根を入れて10分煮て大根を温めます。

てんさい糖(砂糖でも可)とみりんを入れて4~5分たったら醤油を入れます。
落とし蓋をして弱火にしてコトコトと約1時間30分煮ます。

火を切ったら一度冷ましてからいただくとより旨みの凝縮した味わいになります。


それと前にテレビで有名な料理研究家がやっていたメニューなんだけど…
そこで使ってた裏ワザ的なものは以前からやっていたことでやられた!って感じです。

悔しいので…そのレシピに近い形でつくってみます。


大豆家@ブロッコリー

・ブロッコリーの蒸し和え

ブロッコリーの芯の皮を剥いた後、丁寧にすりおろします。それを蒸したベーコンとブロッコリーに和えるという手法。
このブロッコリーをすって加えるのは、前々からやっていて甘味がますんですよねぇ~

今回はレシピ通りでやってみると塩分が強くてごめんなさい…な感じ。
あっしならベーコンじゃなくてミックスベジタブルの方がいい。甘味が増して◎。


大豆家@大根煮

・大根と鶏肉の煮物

コチラは大根おろしをしっかり絞ってその絞り汁だけを煮詰めて甘くする裏ワザ。大根みりんです。
これはもう10年以上も前からやっていますよ。レシピ通り作ると鶏のうま味が不十分。
モモ肉ではなくて湯煎した鶏挽肉の方が絶対に美味しいです!

なんか久し振りにガッツリ料理を作りました。イェッス!ストレス解消なりね!
ご馳走様でした、オレww
韓国家庭料理・焼肉 豚太郎@上石神井
2008/11/26 (Wed) 21:54|★上石神井駅
上石神井の魔の物件に最近出来たお店。 “韓国家庭料理・焼肉 豚太郎”。
何やら韓国に行かずに本場の味が味わえるらしい。本当かな?!

一応、不安なので電話してから伺います。店内はオープンして間もないせいかとってもキレイ。
お座敷もあって全席48席ととっても広いです。あとトイレも凄いキレイでしたね。

従業員さんはファミリーなのかな?一生懸命日本語で対応してくれます。
メニューを見たら焼肉もありますね。なんとなく肉モードでもあったので焼肉を少しいただきます。
といってもここはカセットコンロで焼くので本格派ではない?!


豚太郎@キムチ

・3品キムチ盛り合わせ 750円。
取りあえずはやっぱりコレですね。カクテキが一番美味しかった。


豚太郎@タン塩

・タン塩 1,200円。


豚太郎@肉

・ハラミ 950円。(写真右)
・上ロース 1,200円。(写真左)

上記の3点だったら上ロースが一番美味しかったです。お肉自体はちゃんとしているので問題はなし。
さっ!お肉モードは落ち着いたので、本場の味と噂される韓国料理にレッツ・ゴー!


豚太郎@トッポキ

・トッポキ 900円。
おぉぉ!ちゃんと“おでん”(韓国で言う魚のすり身)が入ってる。スゴイじゃん!
甘辛いのはもちろん、割と深い味もして美味しいです。もっと量が欲しいよぉ!!ww


豚太郎@豚トロ

・豚トロ 900円。
あっ!なんとなく豚肉食べたくてお肉に浮気ww


豚太郎@餃子

・手作り焼餃子 300円。
ちゃんと手作りの味わいです。小籠包のようにラードを含んだ肉汁があふれてきます。
小ぶりな餃子も食べた気がする美味しさです。お替りを!と思ったけど…他にも食べたいしww我慢。


豚太郎@純豆腐チゲ

・純豆腐チゲ 700円。
来年の花見のメインはチゲに決まったので見つけたら必ず食べている。
コチラもアサリが入っています。割とドロっとした仕上がりが珍しい。
しっかりと辛味は感じるものの韓国唐辛子の甘みを感じれる逸品です。美味ですよ。


豚太郎@チヂミ

・野菜(ニラ)チヂミ 680円。
周りはカリッと中はモチっと。なかなかいい感じの仕上がりです。
まさにかき揚げのようなテイストでアッという間に完食。ふぅ~幸せ。


豚太郎@サラダ

・サラダ
千切りリンゴがアクセント。フルーツサラダは苦手だけどこれはとっても美味しかった。
口の中がとってもサッパリします。さっ!そろそろ仕上げますかな。


豚太郎@ソロタンクッパ

・ソロンタンクッパ 900円。
コムタンのようです。コムタンは牛肉、牛骨と内臓などを煮こんだスープで、
ソロンタンは牛肉や牛骨から出汁を取ったスープ。確かにコムタンよりさらっとした印象だなぁ。
とっても温まりますよ。もう大満足の仕上がりです。

魔の物件なので気になりますが、ランチは人気がある模様。夜もちょこちょこお客さんが来店してきたので安心しました。
家から自転車圏内でちゃんとした韓国料理が食べれるなんて奇跡なんで頑張って欲しい蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
韓国家庭料理・焼肉 豚太郎(とんたろう)@上石神井
(住所)東京都練馬区上石神井1-7-12
(電話)03-3928-6325
(営業時間)11:30-14:00/17:00-23:00
(休業日)火休(営業の場合もあり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うまいもの屋 竹政@石神井公園
2008/11/25 (Tue) 22:04|☆石神井公園駅>その他
※残念ながら大塚に移転しました。※

“うまいもの屋 竹政”。

ここは本日のオススメが19品ほどあります。
そのほとんどが日替わり。いつ行ってもあるものではなく来店した時にお楽しみ。
旬を大事にしています。こちらのブログで載せていても明日はないかもしれませんのであしからず。

ちなみに今日はお昼のメールで目玉があるとのこと。予約してから伺います。


竹政@唐墨

・長崎産 自家製唐墨 700円。
富士街道干しww個人的には数年振りの唐墨。ずいぶんと太腹で食べ応えもあります。
前に食べた時も思ったけど…白子と一緒で美味しいけどいっぱい食べちゃいけない気がとってもしますww


竹政@イカ刺

・三沢産 生スルメイカ刺 650円。
イカ独特の口触りが最高です。お酒がすすみます。

店内が混んで来ましたね。マスター若干、パニックwwその理由は目玉のコレ。


竹政@松方看板

松方弘樹が萩で釣り上げた300kg以上の本まぐろです。
もうニュースで御存知。ワイドショーでもやってましたね。


松方弘樹

セリでは築地の米彦さんが落としたようです。そのほとんどが伊勢●が買い占めたそうな。


松方弘樹ブロック

竹政のマスターが知り合いに頼んで少しわけてもらったらしく、大間のマグロよりも高値とか。
あり得ない。セリでは内藤さんとか有名所は手も上げずに静観だったらしい。まぁ内藤さんが買う訳ないかw


竹政@鮪にぎり

・松方弘樹釣り 本まぐろ鮨(赤身・づけ・中トロ) 1,100円。
恐らく東京で一番安く弘樹のマグロが食べれるとのこと。今回はお鮨で。

しっかりとマグロの味がしたし、思ったより美味しかった。それにネタ的にもいいしね。
あのマグロ食べたんだってwwマスターの頑張りもあって完売。客寄せにも一役だね。

しかしついつい“梅宮辰夫”って言いそうになるww似たようなものかww

松方弘樹さま…ありがとう!とっても美味しかったです蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うまいもの屋 竹政@石神井公園
(住所)東京都練馬区石神井町7-13-5
(電話)03-3995-3523
(営業時間)17:30-24:00
(休業日)月、第1火休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大豆家@鶏のクリーム煮
2008/11/24 (Mon) 21:36|◎大豆家
大豆家@クリーム鶏結局、この3連休。さほど寝れずにずっと仕事。
さすがに外にも出ないで仕事してると疲れるw

それに最近、食べログに“大豆家”が出てこないw
いや、しっかり作っても食べてるんですよ。

なんとなくで理由は不確かww
取りあえず…久し振りにフレンチ的なものを
作ったんで…アップしてみます。定番です。

・鶏とキノコのクリーム煮

鶏肉は骨付を用意。今回はドラム部分です。

バターとニンニク1欠片、鶏肉と一緒に焦げないように
炒めた後に白ワイン、キノコを投入。15分程煮ちゃいます。

15分程煮た後、鶏肉とキノコ、ニンニクを取り出して
残った煮汁を半分くらいになるまで煮詰めます。

その後、生クリームに卵黄をといたものを投入。
鶏肉とニンニクを入れ沸騰しないように煮詰めます。

程よくトロミが出たら完成!

定番すぎるクリーム煮。味付けは所々の塩・コショウだけ。
シンプルなもの程、タイミングとか味見とか大事ですな。

今回は割と濃厚な出来上がり。たまにはフレンチもいいなぁ。

さっ!今日もれっつ!クッキング!ww
源烹輪 麺條居士@富士見台
2008/11/24 (Mon) 14:19|★中村橋駅・富士見台駅
※残念ながら閉店しました。※

パンチのきいたものが突然食べたくなった。そんな時は迷わずココですね。

“源烹輪 麺條居士”

バイト(通称:一番下の妹)もそろそろ落ち着いたかな?先客は1組だけ。
昔に比べたら時間を外せば意外に空くようになった。やはり数か月の休みは痛かったかな?

今日は、ラー(辣)系に決めていたので壁に張ったあったオススメをオーダー!


麺條居士@麻辣雲呑麺

・麻辣雲呑麺 998円。

香りがすでに刺激的w麻辣の香りが胃袋を動かします。早く食べたいけど熱々で火傷は確実w
大ぶりのワンタンが5個くらいはいっている他、キュウリ、アスパラ、ネギ、パクチー等が入っています。

ワンタンの皮はウソ~ンって言うくらい厚くて食べ応えがある。さすがにもう少し薄い方がいいw
餡は一瞬、生かと思うくらいフワフワ。皮とのバランスはやはりイマイチ。皮の風味や餡の味はいいのに…

麺は中細縮れ中華麺。ワンタンの手間取って麺に行く頃には少し伸び気味。もう少し硬茹ででもOK!
しかしスープの持ち上げはかなりよくて、口に入るとスープと麺が絡みだします。美味い!

スープの麻辣の刺激的な辛さは、麺條居士に来たと感じさせるには充分ですね。
醤油の風味が強めだけど、この味の濃さも特徴。辛味だけでなくうま味もしっかり出ていてさすがです。


麺條居士@食べた後

食べた後はこんな調子で唐辛子の活断層!ww顔から汗が噴き出してますよww
今回はパクチーのおかげで口の中を爽やかにリセットできて最後まで飽きずにいただけました。

バイト(通称:一番下の妹)も少し慣れたようだし、地元の飲み軍団と一緒に行く蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
源烹輪 麺條居士@富士見台
(住所)東京都練馬区貫井3-16-11
(電話)03-3999-2185
(営業時間)11:30-15:00/17:00-23:30
(休業日)水休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
丸十ベーカリー@練馬
2008/11/23 (Sun) 14:42|☆練馬駅>カレー・その他
環7からちょっと入った住宅街にお店を構える “丸十ベーカリー”。
食パンから調理パン、惣菜パンなどたくさんの美味しいパンを安価でご提供しています。

昔は週に何回も寄っていましたが、今回は半年振りくらいの来店。
土日のこの時間あまりパンがないのはわかってましたが訪れてみました。

丸十@店前

丸十の名前の付くパン屋さんはいくつかあります。そのすべてが修業先や製法が同じなのです。

“丸十の由来”

日本で初めてイーストによる製パン法を開発したのは、 丸十の始祖、田辺玄平翁です。
玄平翁は、アメリカで学び明治四十三年に帰国、私財を投じドライイーストの研究に励み
大正四年にその製造法を完成させました。

それまでのパンは、まるで団子のようでしたがドライイーストを使用することで、
今日のようにふっくらとした美味しいパンが焼き上がるようになりました。

その新しい製パン法を学ぼうと、全国から弟子が集まりました。
その門弟が田辺家の家紋○十を商標に掲げ、全国に広めていきました。

丸十は日本のパンの原点です。 (店内掲示より)

なるほど。懐かしい味わいがする訳だ。


丸十@看板

コチラのお店は何と言ってもこの愛らしいイラストが目印です。


丸十@ケース

ショーケースに広がる美味しさは、地元の人のみならず たくさんのお客様から愛されています。


丸十@パン

今回購入したのはコチラ。

・こしあんぱん 120円。(右)
・玄米パン 130円。(左上)
・ソーセージトルティーヤ 170円。(左下)


丸十@あんぱん

コチラでは、やはりこのあんぱんでしょう。あり得ないくらいのぎっしりの餡。
1人のお客様で何十個も買っていくのを何度も目撃しましたww

ほんのり甘いパンに包まれた、懐かしい味わいの餡が最高。食べ応えもそうだけどこの値段。
500円もあればかなりお腹いっぱいになります。総菜パンの具もとってもシンプルで美味しい。
シンプルだからこそ、本来の美味しさや味わいを出すのが本当に難しいと思う。

店員さんが若くなって驚いたし、厨房では若い女子が教わっていた。時代は流れるなぁ~と実感。
お洒落なベーカリーが増えてきた昨今。パン1個に200円以上なんて当たり前な時代、忘れてはいけない味わいだと確信しました。

今回は風邪気味のおばちゃんと挨拶できず。残念だったけどいつも変らぬ味がそこにはある蔵!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
丸十ベーカリー@練馬
(住所)東京都練馬区豊玉中2-14-1
(電話)03-3991-2614
(営業時間)9:00-20:00頃
(休業日)月火休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次のページ>>



少しばかり協力させていただきました。
メガ盛り 首都圏版 200軒@マガジンハウス編
定価:700円 (税込)

Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad