大豆ノタベタ蔵 ~ダイズノタベタゾウ


麺や 庄の@市ヶ谷
2012/02/29 (Wed) 19:51|★市ヶ谷駅・麹町駅
麺や庄の@チョコつけレッチョコ


“麺や 庄の”

一年振り以上になるかな?!そう言えば近くに移転して
から初めてだ(汗)。最近では新宿二丁目付近に支店も
出して絶好調の庄野店長。市ヶ谷ではあまり見かけない。

今回は18時過ぎに訪問。先客6名とゆったりです。
店員さんが5人もいますねぇ~凄いなぁ~

2月中旬から始まっているバレンタイン企画の創作麺を
狙って来てみた。つけ麺ですか…チョコですからねぇ~
不安もよぎりますが…取り合えずトライしてみます。

・チョコつけ麺 レッドホットチョコペッパー 980円。
 (10辛)(+味玉、クーポン無料)。

“レッチョコ”といった感じでしょうかww

食券を渡すと「辛さが1~10で選べますが?」とのこと。
オススメは10辛らしいので10辛でお願いします。

しかし凄いヴィジュアルだw麺はあつもり。
その上にブラックペッパーが多目に振られています。

トッピングはバーナーで焦がした板チョコ、炙りチキン、
低温調理ロースチャーシュー、味玉、水菜、刻み海苔、
メンマ、糸切り唐辛子とかなり豪華ですねぇ~

炙りチキンはスパイスがしっかりときいています。
ジャークチキンのような仕上がり。花のように飾られた
低温調理ロースチャーシューは生ハムのようです。

食べ方は説明してくれた通りにいただきます。まずは
普通につけ麺で楽しみます。麺は中太のやや縮れた感じ。
あつもりの為、食感が弱い。あと麺同士がくっついて
食べにくい。持ち上げが窮屈な感じですね。

つけ汁は、動物系に魚介系、チリソース、トマトを
ブレンドした感じ。乾燥バジル、生クリーム入り。

麺に絡んだブラックペッパーとつけ汁の相性がいい。
普通に冷たく〆た麺で食べてみたいなぁ~

しばらく普通に楽しんだ後に、言われた通りチョコを
少し麺に絡めながらいただきます。うん。確かに甘い。
チョコの量を間違えると大変なことになるが(笑)
上手に絡めればイケるなぁ~ww特に表面の焦げ部分は
ビター感があって面白いですね。それが狙いか?!

つけ汁の辛さが10じゃないと成立しないかもしれないな。

つけ汁の辛さと酸味、チョコの甘味とコク。これが
しっかり重なり合えばいいかもしれないが…ちょっと
バランスが悪いですね。チョコの量が多過ぎるのもある。

一度、甘い方に寄っちゃうと戻ってくるのが大変ww
やろうとしている事は面白いんだけど…正直…チョコが
ないバージョンで食べたいwwまぁ~それだと意味が
ないんですけどねwそれでも完食。胃にもたれました。

最後にフランスパン(100円)を勧められたけど…無理w

しかし相変わらず挑戦的で革新的な創作麺でしたw
こういうのがある限り人気店でいられるんでしょうね。
ただ庄野店長がいないと店員同士の和気あいあい感が
目に付いて気になります。ご馳走さまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
麺や 庄の@市ヶ谷
(住所)東京都新宿区市ヶ谷田町1-3 クレセントビル1F
(電話)03-3267-2955
(営業時間)11:00-15:00/17:00-21:30(土日祝11:00-16:00)
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
とんかつ かつ善@神楽坂
2012/02/28 (Tue) 15:12|★神楽坂駅・江戸川橋駅
ちょっとの贅沢


ちょっといい話で聞いた事がある。
「偉くなんかならなくてもいい。いつでも“とんかつ”を食べられるくらいの余裕があればいい」

確かにそうだ。とんかつって贅沢な気もするが、意外と手が届く。
いつでもとんかつを食べれる程、胃腸は元気じゃないがw

“とんかつ かつ善”

場所は、神楽坂駅の高田馬場方面出口を出て右。セブンイレブンを過ぎたところ。
お店はそんなに広くないが、清潔感もあって入りやすい雰囲気です。

営業時間を調べると通し営業のようですが、中休みがあった気がします。
15時前に入店。先客ゼロで、食べ終わる頃には色々片付けていましたから。

さて今日はさらに贅沢にww



かつ善@上ロースかつ定食

・上ロースかつ定食 1,200円。

ライスはお替り自由?普通にお替り貰っちゃったけどwwお味噌汁に、香の物、ミニ冷奴付き。
ずっと低温で揚げていたので、どのくらいぶ厚いか期待してたwwいい感じだ。



かつ善@上ロースかつUP

厚さは2cm超え。中心がほんのりピンクで美しい。やはり肉には絵力があるなぁ~ww

ここの衣は薄くて好きだ。サックリとした歯応えがいい。
ジューシーというより、肉の旨味をしっかり閉じ込めた感じです。

これだけ食べ応えがあって1,200円ならなんの文句もございません。ちょっとの贅沢。イイネ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とんかつ かつ善@神楽坂
(住所)東京都新宿区天神町12
(電話)03-5228-0037
(営業時間)11:00-21:00
(休業日)土日休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TOKYO FUSSA RAU-MEN 風味堂@田無
2012/02/27 (Mon) 23:45|★田無駅・花小金井駅・小平駅
風味堂@煮干スープ<麺


小平方面からの自転車帰りにフラッと寄ってみる。

“TOKYO FUSSA RAU-MEN 風味堂”

場所は、西武新宿線・田無駅北口から徒歩3分程度。
福生にあった“一番”系のお店らしいです。

券売機を見ると色んなメニューが揃ってますね。
味噌と並んでボードに書かれた限定?メニューをポチ。

・背脂煮干 700円

燕三条の背脂煮干しラーメンとのことだが…
燕三条系を名乗るには寂しい背脂感ですねwww

トッピングはメンマ抜きで、海苔、ナルト、玉ねぎ、
チャーシュー、魚粉となっています。おっと!ナルトの
“の”の字が逆になってるよぉ~ww

ベースは豚骨メインに魚介出汁をプラス。煮干しダレ
というより魚粉感が強い。粉っぽい仕上がりなので舌に
残る。塩加減はやや強めながら気にならない程度。

背脂は業務用タイプな感じで、旨味と甘味が足りない。

仕上がりが良さそうな動物系スープを、魚介系や背脂が
引っ張りきれてない印象ですねぇ~もったいないなぁ~

麺は、モッチっとした食感が特徴的な太縮れ。この手の
スープに太麺は珍しい。麺の旨味が強めでスープに
勝っちゃう。もう少し細目の中太麺か平打ち麺の方が
スープを口までしっかり運んでくれるような気がします。


他にも、おつまみ系や色んなメニューがあるようなので
使い勝手が良さそうなお店ですね。ご馳走さまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TOKYO FUSSA RAU-MEN 風味堂@田無
(住所)東京都西東京市田無町3-11-9
(電話)03-3232-1566
(営業時間)11:30-15:00/17:00-24:00(土は通し、日祝12:00-22:00)
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三ツ矢堂製麺@高田馬場
2012/02/26 (Sun) 12:16|☆高田馬場駅>ラーメン
三ツ矢製麺@つけめん麺へのこだわり


今回は、高田馬場にあるつけめん処に伺います。

“三ツ矢堂製麺 高田馬場店”

2009年から“フジヤマ製麺”と店名を変更。
目黒が本店で、現在では20店舗以上となっています。

場所は、明治通りと早稲田通りが交差する馬場口交差点。
1Fが入口ですが2Fもあり、かなりの集客が可能です。
いつしか夜に行ったら1F、2Fともにお客さんが入ってて
驚いた記憶が…行列はないがお客さんはよく入ってます。

今回は、カウンター席に通されます。食券機ではなく
口頭でオーダーします。基本のイチオシメニューで。

ちなみに、コチラでは麺へのこだわりが強いようで…
量は、小~大盛りまで同料金。しかも提供する麺の
温度も選択できます。業界初とうたう「締め分け」で
熱もり、ねめり落とし、冷やもり、氷締めから選択可。

今回は、大盛り・冷やもりでお願いしました。

・つけめん 780円。

麺は大盛りで600g。茹で上がりの重さですね。
つやつやで口当たりはいいが…ちょっと水切りが悪い。
意図的な感じがする。温度はほんのり冷たい程度。

高級国産小麦を使用したという自家製のストレート太麺。
断面が丸いですねぇ~弾力がとっても楽しく、モチッと
した食感もいいですねぇ~量の問題もあるけど…後半は
麺がだれてきちゃって歯切れが悪くなっちゃうなぁ~

つけ汁は、魚介豚骨系にゆずの風味が利いています。
粘度はあまりなくシャバ系。意外に油分が多いですね。

豚骨と野菜がベース。ゆずもあって清涼感を感じる。
かなり甘さが際立っていて好みが別れるかもしれません。

全体的に際立った感じはなく、完全に麺に負けている。
麺へのこだわり同様、つけ汁にも命を吹き込んで欲しい。
スープ割の雰囲気はとってもいいのになぁ~

色んなメニューもあって確かに楽しい。結局、年に1回は
来てしまうお店なんですよねぇ~ご馳走さまでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三ツ矢堂製麺@高田馬場
(住所)東京都新宿区高田馬場2-1-1 センテニアルタワー1F
(電話)03-3208-5552
(営業時間)11:00-24:00(金土-翌2:00、日-22:00、木11:00-16:00/18:00-24:00)
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高田馬場 大勝軒@高田馬場
2012/02/25 (Sat) 15:14|☆高田馬場駅>ラーメン
高田馬場大勝軒@つけめん“もりそば”が食べたい!


大勝軒の“もりそば”が食べたくなってコチラに初訪問。

“高田馬場 大勝軒”

あれ?!でも大勝軒のれん会には所属してないのね。

場所は、高田馬場駅の戸山口(北)から出て真っ直ぐ。
一本裏手みたいな感じですw早稲田外語専門学校近く。

食券機をみると“もりそば”ではなく“つけ麺”の表記。
なんか嫌な予感がする。“もりそば”希望なんだけど…

取り合えず“つけ麺”券を購入。
POPを見ると並・中・大盛り全て同額なので大盛りで。

・つけ麺(大盛り) 680円。

出来上がりが到着した瞬間…やられた!これはやはり
大勝軒の“もりそば”ではなく…“つけ麺”だ!!

麺は中細ストレート。少し柔らかい印象ですね。
ちなみに大盛りだと麺量は440gとなります。

小麦の風味はまぁまぁ。スルとした口当たりはいいけど
水切りの悪さが気になります。クチュとした食感は好き。
細かい所は気になるが…麺の良さは感じますね。

つけ汁が“もりそば”ではないんですよねぇ~
動物系に魚介系を足したもの。しかも魚粉感もあります。

醤油ダレの美味しさも影を潜め、油分が多めとなる。
甘味はしっかりあるものの…大勝軒特有の甘・辛・酸が
メチャクチャ。特に辛・酸が無さすぎる。

厳しいことを言うと…これなら別のお店でつけ麺を食べる。
“もりそば”を食べる為に大勝軒系列に来るのだから!

隣で食べてた“中華そば”はそれっぽかったので…
次回訪問の際には、コチラをいただく事にしよう!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高田馬場 大勝軒@高田馬場
(住所)東京都新宿区高田馬場1-23-7
(電話)03-3232-1566
(営業時間)11:00-19:30(スープが無くなり次第終了)
(休業日)日休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京チカラめし 江古田南口店@江古田
2012/02/24 (Fri) 15:28|★桜台駅・江古田駅
※残念ながら閉店しました。※

東京チカラ@焼牛丼普通の牛丼に飽きたところだった!


千川通りを自転車で帰る途中、新しいお店が目に入る。

“東京チカラめし 江古田南口店”

“東方見聞録”や“月の雫”“東京スパゲッチ”など
展開する三光マーケティングフーズの牛丼店です。

場所は以前、酒屋さんがあったところです。
江古田には北口店もあるのに…凄い勢いですねぇ~

オープンは、2012年2月21日(火)。店員さんも
多目にスタンバイ。なのに今ひとつ動きが悪い。

老夫婦が来て食券機に気付かず着席。食券機でと頼むが
そりゃぁ~今ひとつわからないよなぁ~困っていても
店員がすぐに行って教えるような店内の造りじゃない。

するとすぐ脇で弁当待ちをしていたチャラそうで、ダル
そうな若者がwスッと立っておじいちゃんに教えてた。
今の若者も捨てたもんじゃない。おじいちゃん子だなw

そんなやりとりと逆側から見て着丼を待ちます。

・元祖 焼き牛丼 320円 → 280円。

ちなみに焼き牛丼単品には味噌汁は付かないようです。
今回はオープン記念で味噌汁付。

タレに漬けられた牛バラ肉を網に並べて焼き上げます。
香ばしい香りが鼻から抜ける。いいですねぇ~
ただもう少し焼いてくれてもいいかなぁ~

甘めのタレはよくある牛丼とは少し違う印象。
水あめとかタレに入ってるかな?!厚みのある甘さが◎。

思ったより牛肉に厚みがあって大きい。食べ応えも充分。

ご飯は並でも結構入っている。牛丼のようにタレもかかって
いるので「つゆだく」も可能のようです。

三大メジャー牛丼(吉野家、松屋、すき家)に飽きてきた
ので、結構いいかもしれない。オープン記念で安くなって
いたとはいえ、通常でもまた食べてもいい。もう少し
店員が慣れてきた頃にwあっ!他の支店でもいいのかw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京チカラめし 江古田南口店@江古田
(住所)東京都練馬区旭丘1-75-1 瀧島ビル1F
(電話)03-5988-7970
(営業時間)24時間
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中華そば 一丸@西武柳沢
2012/02/23 (Thu) 14:31|★東伏見駅・西武柳沢駅
一丸@わんたんめん時代に流されない味わい


ずっと課題となっていたお店に伺います。

“中華そば 一丸”

場所は、西武新宿線・西武柳沢駅南口からすぐ。
西武柳沢駅と言うと…どうしても“くぼ田”に行って
しまうので…ずっと遠回しになっていたお店でした。

店内は割と暗めですが、清潔感があっていいですね。

・わんたんめん 850円(+味玉、クーポン無料)

スープは「あっさり」と「こってり」から選択可能。
麺も「普通めん」、「太めん」、「細めん」と選べます。
今回は「あっさり」、「普通めん」でお願いしました。

素材にこだわった無化調がウリのようです。

スープは鶏ガラ、ゲンコツを中心とした動物系と鰹節を
中心とした節系からとれた魚介系が合わさったダブル
スープ。かなり透き通った仕上がりとなっています。

確かに染み渡る美味しさだ。全体のバランスがいい。
醤油の輪郭もしっかりあって、スープ全体を引き締めて
いますね。時代に流されない味わいとなっています。

香味油が最初、多いかな?!って思ったけど食べ進めて
行くうちに気にならなくなりました。香りもいい。

麺は永福町大勝軒系でお馴染みの草村商店製。
ゆるやかなウェーブが美しい中細麺はしなやかな口触り。
クチュっとした食感で口の中に小麦の風味が弾けます。

スープの持ち上げは今ひとつでしたが、いい麺ですね。

味玉は天然飼料で育った鶏卵。黄味は真っ黄色。
他であまり見られない味玉となっています。美味しいです。

ちなみにわんたんだけはビミョー。味はいいんだけど…
人に出しちゃいけないレベルの出来上がり。残念!!


こうしたラーメンは長く愛される。お店がやりたい事、
作りたい味の輪郭がハッキリしているので食べやすい。
まだまだ色んなメニューがあるので、また伺います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中華そば 一丸@西武柳沢
(住所)東京都西東京市柳沢6-1-2 宮澤ビル1F
(電話)042-469-3278
(営業時間)11:00-15:00/18:00-23:00(日祝11:00-20:00)
(休業日)火休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
阿波徳島 中華そば うだつ食堂@早稲田
2012/02/22 (Wed) 18:42|★早稲田駅
うだつ食堂@つけめん徳島のつけ


早稲田で徳島のご当地麺が食べられるお店。

“阿波徳島 中華そば うだつ食堂”

今となっては有名となった徳島のラーメンですが…
お店のオープン日に行ってたりします。当時は
この辺りで仕事をしていて何の予備知識もなく
行ったものです。今日は気分を変えてコチラを。

・つけ麺(大盛) 700円。

並盛と大盛は同一料金。大盛りでお願いしました。
麺は平打ちの太麺。イチオシのモヤシがのってます。

ツルツルっとした口当たりがいい麺。
全然期待してなかったんですが、ワシっとした
食感も楽しめて大盛にしてよかったww

つけ汁は豚骨醤油ベース。思ったより濃度は強くない。
豚骨本来の甘味に砂糖、味醂系の甘さが際立ってます。

ただラーメンよりはサラッと気にならず食べれる。
具材とのコンビネーションは今ひとつですが、
つけ汁本来の旨味はしっかりと麺に絡んできます。

甘さに飽きた所にモヤシの食感が来る。なるほどね。
モヤシのみずみずしさも、よりつけ汁の風味をUP。

スープ割は湯桶からwwかなり濃いめの豚骨スープです。
これでやっと徳島ラーメンテイストになった気がする。


正直、全然期待してなかったけど…もしかしたら
普通のラーメンよりこっちの方が好みかもしれないw
営業時間も長いし、また近いうちに伺います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
阿波徳島 中華そば うだつ食堂@早稲田
(住所)東京都新宿区西早稲田1-11-1
(電話)03-5273-0634
(営業時間)11:30-3:00(L.O.)
(休業日)無休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まんぷく食堂@桜台
2012/02/21 (Tue) 19:15|★桜台駅・江古田駅
まんぷく食堂@豚汁定食ついに登場の看板メニュー!


割と早く仕事が完了。そして自転車通勤なので
夜ごはんを求めさまよいますwやっぱりココかな。

“まんぷく食堂”

桜台駅と氷川台駅の間くらいにある住宅街。ポツンと
お店の灯りが眩しいです。デカ盛りの人気店ですっかり
お気に入りのお店となりました。18時前に到着です。

今日はお客さんが入りますね。先客1名、後客6名。

今日の日替わりは、牛焼肉、コロッケ、焼魚。
相変わらず魅力的で、グラっと揺れる想いw
いやいや今日こそは、コレを食べるぞ!と強い意志でw

・豚汁定食 500円。

豚汁は土鍋に。豚汁は通常のお味噌汁をベースに
豚肉、野菜類を足して完成します。熱々ですよww

具材は豚肉、じゃがいも、ワカメ、水菜、大根、人参、
豆腐、ネギ等。他にも色々入っていたような気がします。

味付けは割としっかり付いている。通常のお味噌汁椀で
約3~4杯分くらいの量がある。やはり店名に偽りなし!

ライス、香物付き。他に野菜のかき揚げも付いてます。
通常、スタンド蕎麦屋などで出てくるかき揚げが2枚。
茄子天が1/2本分と、コチラもボリューミー。

当然、揚げたて。天つゆをかけられて出てくるので、
サクッというより、ふんわりとした食感。
やはり揚げたては美味しい。野菜がたっぷりだ。


これで500円ww考えられないコストパフォーマンス。
特に冬に食べると本当に温まる。心も身体もお財布にも
優しい“まんぷく食堂”の看板メニューでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まんぷく食堂@桜台
(住所)東京都練馬区桜台5-36-10
(営業時間)11:30-14:30/17:30-22:00
(休業日)日月休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大地の木@高田馬場
2012/02/20 (Mon) 20:54|☆高田馬場駅>その他
カレーとナシゴレン


今回はアジア系料理を食す。場所はアジア系のお店がたくさん並ぶ高田馬場駅周辺。

“大地の木”

お店はシンガポールやマレーシア料理が並びます。以前、来た時のシェフは日本最大級の
アジアンレストラン“TYCOON”の総料理長を務めていたらしいが…今はどうか不明です。

お得なランチではなく、今回は夜の訪問。予約ナシでサラッと入れた。ラッキー!
軽くビールなんぞを飲みながら、今日はお食事モードで。



大地の木@マレーシアのオムレツ

・マレーシアオムレツ 600円。

正直な所…一体どこがマレーシア風なのかわからないww
外がカリカリ、中がフワフワと出来上がりはなかなかいい。

野菜のシャキシャキとした食感がいいアクセントになっています。
ビールにピッタリ!さっ!食事!食事!食事!ww


・ナシゴレンセット 1,080円。
ミニベトナムフォー、サラダ、デザート付。

大地の木@ナシゴレンセット

コチラはそのセットのミニベトナムフォー。鶏のフォーですね。
すっきりした味わい。澄んだスープがいいですねぇ~

レモンとナンプラーの香りが漂います。しっかりと鶏の味わいも楽しめる。
スルスルとした口当たりの麺がいいですねぇ~


大地の木@セットサラダ

セットのサラダ。


大地の木@ナシゴレン

ナシゴレン。相変わらず卵の焼きすぎ感が“大地の木”らしいww
丁寧かつ大胆な味付けが魅力的。卵の上の辛味調味料もいい。




大地の木@マレーシアカレーセット

・マレーシアチキンカレーセット 980円。

ご飯、サラダ、スープ、デザート付。


大地の木@マレーシアカレーUP

見た目ほど辛くない。具材はジャガイモ、タマネギ、パプリカ。
鶏モモ肉がいっぱい入っています。食べ応えも充分。



大地の木@マレーシアカレーかけ

甘味は少ないがコクはしっかりある。シャバシャバ感がいい。
辛味、酸味、旨味がとてもバランスのいいカレーです。美味しい。


今回初めて、夜に来てみたけど…こういう定番的なメニューを頼むならランチの方がお得かな?!
それでも夜ならではのメニューもあるので、今度はガッツリ飲みながら食べたい蔵!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大地の木@高田馬場
(住所)新宿区高田馬場2-14-16 明芳ビル1F
(電話)03-5272-8819
(営業時間)11:00-15:00/17:30-23:00
(休業日)日休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次のページ>>



少しばかり協力させていただきました。
メガ盛り 首都圏版 200軒@マガジンハウス編
定価:700円 (税込)

Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad