大豆ノタベタ蔵 ~ダイズノタベタゾウ


麺屋 十兵衛@大泉学園
2014/05/23 (Fri) 18:27|☆大泉学園駅>ラーメン
名店復活


“麺屋 十兵衛”

2012年4月3日リニューアルオープン。“らーめん・つけめん 十兵衛”が惜しまれつつ閉店。
その後、お弟子さんが“康基”と屋号を変え開店しましたが、また“麺屋 十兵衛”
として「十兵衛」の屋号が帰ってきました。その際には、以前のお父さんとお母さんが
再び教えを説いたと聞く。当然、その姿は見られないが次の世代に受け継がれています。

もともと「十兵衛」では、随分と早くから無化調天然出汁にこだわったらーめんを
提供していて、この辺りでは全国レベルの人気店となっていました。

なので屋号復活は嬉しい限りです。随分と時間は経ってしまいましたが来店できました。

お店の雰囲気、メニューも以前とあまり変わってない。ちょっと安心。



0523十兵衛@メニュー

メニューは、らーめんとつけめんのツープラトンに油そばが加わっています。
和風と十兵衛のスープ違い、辛らーめんとの組み合わせでのオーダーになる。



0523十兵衛@ラーメン

・和風らーめん 720円。

麺は細麺と中太麺が選択可能。中太麺で中盛りまで無料とのことでお願いしました。

トッピングはメンマ抜きで海苔、チャーシュー、ナルト、ネギとシンプルな構成。

スープはラードに覆われて熱々。動物系の旨味に魚介系の風味が合わさっています。
煮干しもしっかりで節系のビター感が口に広がってくる。

醤油ダレの塩気がかなりビシッときいている。こんなに塩っぽい感じだったかな?

それでもこういうシンプルな構成でスープを構成するのはとても大変。
その辺りは「十兵衛イズム」がしっかりと受け継がれていると思います。

麺は中太麺で、かなりしなやかな口当たり。スルスルと口の中に入ってきます。
少しだけ食感が軽い。歯応えをしっかり感じたいというのが正直なところ。


魚介系無化調ラーメンの先駆者でもあるコチラ。地元の名店復活はやはり嬉しい。
これからも長い間、この場所で頑張ってください。ご馳走様でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
麺屋 十兵衛@大泉学園
(住所)東京都練馬区石神井台3-24-39
(電話)03-3995-3113
(営業時間)11:00-15:00/17:30-21:00(土日11:00-16:00)
(休業日)月休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://takeizzy.blog84.fc2.com/tb.php/2682-28bc877d




少しばかり協力させていただきました。
メガ盛り 首都圏版 200軒@マガジンハウス編
定価:700円 (税込)

Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad