大豆ノタベタ蔵 ~ダイズノタベタゾウ


八幡浜ちゃんぽん 莢(SAYA) @四谷三丁目
2015/02/09 (Mon) 13:54|★曙橋駅・四谷三丁目駅
愛媛グルメ


何を食べようかフラフラしていたら「八幡山ちゃんぽん」の文字!
これは良さそうですね。入りましょう!


0209八幡浜ちゃんぽん@店前

“八幡浜ちゃんぽん 莢(SAYA)”

2014年6月オープン。“鉄板ダイニング 莢”、“鉄板焼き・お好み焼き 莢”の系列店。
愛媛県八幡浜市出身のオーナーが経営するお店となっています。

場所は新宿通りと外苑西通りの交差点のところ。あの岡田さんの所の交差点ですね。
コチラは時間帯によってメニュー・価格が変わり、ランチタイム以外は基本、お酒を楽しむ
お店のようです。ランチタイムは、愛媛県八幡浜市のご当地ちゃんぽんのお店となります。



0209八幡浜ちゃんぽん@店内

店内は女性ひとりでも入りやすい雰囲気を重視したらしく、まぁ~オシャレですw
先客は女性3組。狙い通りですね。入口脇の食券機で購入して出来上がりを待ちます。



0209八幡浜ちゃんぽん@うんちく

テーブルには、うんちくなんかが書いてあります。



0209八幡浜ちゃんぽん@ちゃんぽん

・八幡浜ちゃんぽん 690円。
 八幡浜けずり蒲鉾ご飯 260円。

スープは鶏ガラをメインにいりこ出汁を合わせたもの。たっぷり野菜とジャコ天を
炒めてスープで煮込んでから仕上げます。長崎の白濁したちゃんぽんスープと違い
醤油ベースのさらさら清湯系が、八幡浜ちゃんぽんの特徴。

具材は、ジャコ天、もやし、キャベツ、タマネギ、人参、豚肉等。
たっぷり野菜が食べられるのが、ちゃんぽんのいい所。

スープは和風醤油味ですが、胡椒がたっぷりかかりキレみたいなものが出ています。

中太ストレートのちゃんぽん麺は、愛媛から取り寄せているという。
ポクッとした歯切れの良さが特徴的。美味しいですね。

八幡浜けずり蒲鉾ご飯は、蒲鉾を乾燥させて削ったもの。
これこそ愛媛グルメです。食べたことはあるが、この削り蒲鉾だけは
東京で見たことがない。ジャコ天。松山あげに続く第三の刺客か?

これがご飯とよく合う。醤油をかけていただくが練り物の旨味がしっかり味わえる。
味噌汁にも入れると言う。確かにそれも美味しかった記憶。


あっさり味もあってあっと言う間に完食。これは飽きずに通えそうです。
最近、色んな所で頑張っている愛媛グルメ。これからも頑張ってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
八幡浜ちゃんぽん 莢(SAYA) 新宿四谷本店@四谷三丁目
(住所) 東京都新宿区四谷4-9 グゥビル1F
(電話) 03-6380-4938
(営業時間)11:30-15:00/17:30-翌4:00
(休業日)日休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://takeizzy.blog84.fc2.com/tb.php/2996-485cc683




少しばかり協力させていただきました。
メガ盛り 首都圏版 200軒@マガジンハウス編
定価:700円 (税込)

Template by:Ribbon*RIA

FC2Ad